ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも一覧


深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

私達が毎日生きていると、人からいろいろと相談されますよね。

そうした相談の中身について思い返してみると、一見いろいろな種類があってとりとめもないように思えますが、実は大きく二種類に分けられると思うのです。

一つは、人生をより幸せにするためにはどうしたらよいか、どう生きるのがベストなのか、という人生の本質や真義に基づいて考えていかないと解決できない、いわゆる「根本的な」質問。

もう一つは、今、目前のことについて、右にすべきか左にすべきか、どちらを選ぶのがいいか、という「白黒」をつけなければならない質問。

人の悩みって、この二種類に大きく分類することができると思うのです。

後者の質問の一例として挙げてみると、よくあるものとしては、「結婚相手を決めるのに、AさんとBさんのどちらがよいか?」というものですね。

その他、「今の仕事を続けるべきか、転職すべきか」とか、「離婚すべきか、とどまるべきか」とかですね。

皆さん、一度しかない人生を生きていくのに、右か左か、どちらを選ぶのか、という二者択一の質問でいつも悩んでいらっしゃるのですね。

でも、二者択一の質問の場合、右を取れば「あの時左に行っていたら…」と考え、左に決めたら「もしあの時右に行っていたら…」と考えてしまうのが私たち。どちらに転がっても「もしああしていたら…」と考えてしまいますよね。

100パーセント正しい解答なんて実は無いのかもしれませんね。

そして、人って、生きている限り、こうした二者択一の悩み苦しみが一生次々と起こってくるんですよね。それなら、毎回何かを選択するにあたって、確実に自分にプラスの方向を選びたい。もしそうできるなら、本当に心強く幸せな人生を生きられますよね。

そうしたことを考えていた矢先、深見東州先生が、一人一人の心の中の悩みを瞬間に他神通力で読み取った上で、本人の守護霊と合体してメッセージを出して下さるというお取り次ぎをされた、このノートを思い出しました。

いくつかそのメッセージの内容を記してみたいと思います。中には皆さんの悩みに似たものに対する解答もあるかもしれません。

今の悩みを解決するヒントが見つかるかもしれませんね。

私達一人ひとりの守護霊様達は、自分たちの先祖であり、四六時中子孫を守護しているので、心の中までお見通し。

ですから、その本人の守護霊に意見を伺えば、すぐに悩みの答えが分かるみたいですね。悩んでいる本人達にとっては大問題かもしれないけれど、しかし学問を修め、修業を修められた守護霊は高い境地から子孫を守護されているわけで、子孫の悩みと言えどもいとも簡単に解決するのです。既に悟っていらっしゃるから、私たち子孫の守護ができるわけですよね。

しかしさらにもう一つ大切な点があるのです。それは、そうした高い境地にある守護霊達が次々に語る言葉を、深見先生がいとも簡単に取り次がれている、ということです。それは即ち、深見先生がどんな守護霊よりも高い境地にいらっしゃるということなんですね。

こうした深見東州先生の境地は、知識だけ、言葉だけの悟りではなく、自らの人生での修業を通して、悩み葛藤された経験から深見東州先生が体得された、生きた悟りの積み重ねがあって初めてお取り次ぎできることなんですね。

これは、漏尽通力の一例でもあるのです。

ですから先生の語られる言葉には、真実の感動と、胸を打ち、魂を揺さぶるものを感じられるはずです。

愛にあふれ、至高の境地と自己を捨てきった無心の状態にあって、初めて正しい神仏の取り次ぎが可能となるんですね。これが神霊界の原則なんです。

(続く)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 守護霊 神霊界 子孫 先祖 通力 ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

素晴らしいブログですね。今、前からの記事を順番に拝見しております。自分の境地と共存し、負けず、前向きに果たすべき役割を果たされている、すごいと思います。

ありがとうございます。

いえいえ、自分でもいろんなことでできていないなあとか、足りないなあとか感じることが多いんですよ。だから、自分に言い聞かせるようなつもりで書いていることもけっこうあるのです。言うは易く行うは難し、なんですよ~。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |