ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

072不昧因果

深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

先天運のとらえ方(30)

「本当の修業とは、造命楽天の創造的な日々に、神人が一体となって神徳を表現し、この世の中を具体的に改善していくこと」

そうしていくと「自然に徳が積めて、天によって定められた命数が改まり、生まれながらに持った天命や天運も改められていく」

ということを前回申し上げましたが

こうした、天地自然の法則にかなった努力をしていくなら、どんどん先天の不運も好運に変わり、好運がますます盛運に変わり、死ぬまで続くものになっていくそうです。

運・不運というのはそのように神様がつくったもの。

ですから一喜一憂することなく、浮いたり沈んだりし過ぎることなく、おおらかに波乗りのように乗り越えていくのがいいのだそうです。

ですから、「不昧因果」と言いますが、運のいい時は運のいい時の天運に合わせて、最善に楽しく乗り越え、運の悪い時は運の悪い時なりに内面的な向上を目指し、一番素晴らしい乗り越え方をして楽しんでいる。こういうふうに発展的にとらえることもできると思います。

そして本人は、平常心で淡々と造命楽天で生きている。

前世のカルマを苦しみつつ抹消しながら、徳を積んでいくことに生き甲斐をもって意欲的に生きている。

苦しむべきときには苦しんだらいいと、楽しみながら励むことができる。

無論、苦しみたくないと思うから、みんな神様にすがるのかもしれませんが、

「苦しむときにはおおいに苦しんだらいいのです」と深見東州先生はおっしゃっていました。

しかし、ただ苦しむのではなく、苦しみをバネにして、糧として、苦しみを越えて行くだけの勇気と魂の力を持つようにしたいものです。そうすると最初は苦を感じても、その苦に負けなくなる。苦は苦であっても、苦を感じなくなって、実質として苦しくなくなってくるのです。

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 一喜一憂 不昧因果 平常心 ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。