ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

衰運期を神様の目から見たらどうなるのか。

内的なものを学び、内的な自己というものを錬磨して向上する時期、いわゆる陰の世界を養成し、発展させる時期、これが神の目から見た衰運期の意味なんですね。

好運の時期、衰運の時期、という分け方そのものが、人の視点から見た時の呼び方なのです。しかし神様の目から見たら、内面的なものを磨く時期と、外へ出て活動する時期、陰と陽との違い、ただそれだけなんですね。

神様の目から見たら、好運期も衰運期もどちらも好運期なのです。

いずれも盛運期、いずれも進歩、向上のときなのです。

人は魂を磨くために生まれて来ていますね。ですから、内外両面の世界を錬磨しなければなりません。面白くないこと、嫌なこと、不運なことが起きてくる。一見衰運期ですが、実はこれらを全て、内面的なものを磨く糧にせよ、ということであり、ですから、内面を磨くべき時期だということなんですね。

そして、内面を磨いたら、今度は外へ出て活動して、内面を磨いた結果の今の自分を表現し、社会体験と実績を積み徳積みをしなさいということですね。

これが、天地自然の大いなる意志の導くところだと思います。

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。