ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

「一念の自己管理」の具体的な方法として、「宇宙からの強運」には次のように記されています。

引用ここから------------------

「例えば、何か嫌なことがあった時、誰かを恨むのではなく、『ああ、これでまた一つ自分の劫が消えた。よかった、よかった』と思うようにする。あるいは、『本当はもっと不幸な目に遭うかもしれなかったのを、神様がこの程度で済まれてくれたんだろうな。ありがたい、ありがたい』と喜ぶようにする。その良い念が、良い運気と引き合って、良い守護霊の加護を強くする。マイナスの想いを媒介にして、不幸にしてやろうと思っていた邪霊も、『あらっ?』ということで近寄れなくなる。」

「これが『一念の自己管理』というものであり、天台宗を大成した中国の智顗が説いた『一念三千』の教えを、日常生活の中で活かせる応用形といえる。まさに、今現在出す一念が、三千大三千世界をかけ巡り、その念の種類にあわせて、自分の魂が天国界にも地獄界にも感応するのだ。つまり、『ただ今』の一念こそが、善悪正邪、天国地獄の分水嶺となっているのだ。それを知れば、マイナスの『想い』を後生大事に抱えていることが、いかに馬鹿馬鹿しいことかわかるだろう。」

「だから、~、マイナスの想いをプラスに変える考え方の工夫というのは、単純なようで実に大きな強運のコツだということだ。」

引用ここまで------------------

自分の中にマイナスの想念が生まれても、それをそのまま口に出すのはよしたほうがいいのです。口に出して、具体的に言葉にして言ってしまうと、それによってその世界が具体化してしまうのです。

だから、口に出す時には必ず、無理矢理にでも『業が祓われたに違いない。ありがとうございます』と言うようにするのです。必ずそうするように習慣づけておけば、自分の魂を自分で地獄界に落とすことなく済むのです。どんな時にもどこにいる時でも、必ず言い直して、思い直すようにするのです。こうすることで、自分の魂が守られるのです。

ですから、自分の感情に素直になって何でも言えばいいわけではなく、明るく楽しく前向きな時だけ、その気持ちを言葉にして自分に言い聞かせればいいのです。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |