ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

先天運のとらえ方(20)

絶対者への帰依というのは絶対的なものですが、信仰しているからといって、すぐにが消えるわけではないんですよね。

ですから、「信じれば救われる」というのは「例え話」、「比喩」としては正しいのですが、本来の事実からすれば、信じるのは「きっかけ」にはなっても、何かを達成したことにはならないですよね。

だから、信じれば救われる、というセリフが過度に何度も繰り返されたり、前に出過ぎているものの言い方をする人やグループは要注意ですね。

方便としては正しいのですが、事実としては間違っていますから。

信仰も含めたすべてのもろもろの中に神様もいらっしゃるわけなので、神様への信仰が全てなんだ、と言い過ぎるとやはり偏していることになると思います。

信仰といっても、神様の一部をとらえているだけですから。

絶対帰依信仰は、全知全能の神様を動かす究極の一厘ではありますが、信仰がすべてなのではありません。

「天地の理(ことわり)を知り、よく実践し善行を全うしなければ、神様に近づき、神様を知り、神様の御心にかなうとは言えないんだよ」と深見東州先生はおっしゃっていました。

このように、絶対者に対する絶対的帰依とは、一番大事なところですが、一番大事なところがあったらあとは要らない、ということにはなりません。

改善、努力の糧として、すべての正しき道を見ていく努力も必要なんですね。

そうしてをなくし、徳を積み、世の中に役立つような自分になっていくこと、これが大切なことのはずです。

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 絶対者 帰依 信仰 信じれば救われる ワールドメイト 深見東州

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。