ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

神仏に祈りを届ける時に鍵となるのが、「執念・執着」なのですよ、ということを前回に申し上げたのですが、どういうことかというと、

執念・執着に満ち満ちた祈りだと神様に通りにくい、神仏がなかなか聞き届けてくれない、ということが言いたかったわけです。ですから、入門篇を受講して一通り要点を勉強するのですね。

そして、衛星中継に参加する時にもう一つ理解しておかなければならないことは、深見東州先生は仲取り持ちなのだ、ということです。

深見東州先生は「お取り次ぎ者」の立場にある方なので、つまり、仲取り持ち=仲介者なので、深見東州先生に対して想いを向けても、皆さんの願い事がかなうといったことは起きないのです。深見先生に向けて自分の願望をぶちまけても、神徳が増えたり、神様がいっそう派手に降臨したり、神様がこちらの願いを聞いてくれるといったことは起きないのです。

皆さんが祈りを向けなければならない相手とは神様仏様なのです。

そして、先に、神仏が同調しやすい祈りの内容を説明しておいたのですが、自分の欲・我執に満ちた祈りを神仏に向けても、なかなかそれを聞き届けてくれるということは、正神界の神々、正神界の仏様の場合には、なかなか起きないことなのです。

ですので、「どうか深見先生に出てきて欲しい」、「どうか深見先生のお取り次ぎをしっかりと体験することができますように」、「絶対に今回の衛星中継で証しをもらいたい」、「どうか今回の秘法会に参加することで自分の望みをかなえて欲しい」といった想いで衛星中継に望むと、実は深見東州先生のお取り次ぎの邪魔になることはあっても、あるいは神仏の功徳を遠ざける効果はあっても、逆にすぐに神仏がやってきて大いなる功徳を現すということにはなかなかなりそうもない、ということなのです。

それなら、結局のところどう祈ればいいのでしょうか。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |