ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

619の続きです。寄付玉串とは料金ではありません。ですから、納める時の境地が非常に大切です。どういう心持ちでお金を扱っているのか、この点がとても大切になります。それでは玉串料・供養料の金額を決める時の目安というものはあるのでしょうか。

深見東州先生の「神霊界」には以下のように記されています。

以下引用。

「一般に、神社、仏閣や宗教団体などで、玉串料や供養料、献金を行う場合、どれくらいが適当であるかについて述べてみたい。ひと言でいえば、自分なりに『ちょっと痛いな』と感じるぐらいが適切なのである。楽すぎても、苦しすぎてもよくないのである」

「要は、いかに誠がこもるために、自分自身が真剣になれるかである。だから、『ちょっと痛い』ぐらいが適切なのである。」

「かつて、私が、ワールド・チャリティー・ファンドをつくって、チャリティ講演会をしたとき、御玉串料に一円玉が一枚ポッキリ入っていたことがある。本人にとってみれば、ジョークのつもりであろうが、その一円玉に残る気を審神してみたら、

『何をいっているのだ。気持ちさえあれば、一円だってないよりはましなのだ。気持ちなのだ。ゼロよりは一円のほうがいい。一円でもあるほうがいいと思うがいい』

というものであった。

これに対し、黄金まばゆい三千五百円があった。そのお金に残る気は、

『今、財布には四千円しか残っていないが、電車代とバス代を残せば、三千五百円を献金できる。これをさせていただこう。役立てていただこう。神様に……』

というものであった。一万円札もあった中で、この三千五百円が最高であり、一円玉を出した人の五万円ぐらいの値打ちに匹敵していたのである。」

引用おわり。

このように前向きに真心がこもる金額を無理なく出せばいいわけですね。これは人によって当然尺度が違いますし、だからこそ出せる金額も違ってきます。ですから他人と比較する必要はないのです。また、自分の真心の極まり次第で、その値打ちを五倍、十倍にすることができるのです。神様に向けて祈りを捧げながら納めることで、結局は何倍にもなって自分に返ってくることにもなるのです。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。