ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

寄付玉串とは料金ではありません。ですから、納める時の境地が非常に大切です。どういう心持ちでお金を扱っているのか、この点がとても大切になります。払えばいいというものではないのです。

深見東州先生の「神霊界」には以下のように記されています。

以下引用。

「誠とは、形に出して真となり、形に真がこもって誠が完成するという、日本神界の法則があることだ。だから、真に意義を見出されたときのみご参加下さい。」

「そして、その際は、ワールドメイトのためでも、深見東州や植松愛子のためにするものでもなく、神様に捧げるおつもりでしていただきたいのである。」

「そうしてなさったお金は、即座に黄金色に輝き、神霊界に貯金する御玉串になるからであります。」

「お金とは恐ろしいものだが、真に運用する心の準備と誠の道を知れば、人を動かし、物を動かし、神霊世界をも動かすものであることを知っていただきたい。」

「是非、そのようにして向かわなければ、お金が単なるお金となり、神霊的にみれば至極もったいないことであるといわざるを得ない。」

引用おわり。

ということで、御玉串は「神様に捧げるおつもりでしていただきたい」とあるのです。自分が神仏というものを本当に信じて、その神様に対してみずからの誠の想いから、自分の中の本物の信仰心から捧げた御玉串であったなら、決して後悔することはないでしょう。すべて神様にお任せいたしますから、という姿勢でお供えした御玉串であれば、返して欲しいなどということは考えつくはずがないのです。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |