ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

あなたが寄付玉串を納めるという時に、誰に対して何のためのお金を納めているのか、理解されているでしょうか。

金銭を支払えば、それに見合った分、こちらの要求に応えてサービスを提供してくれるのは「サービス業」です。この時支払う金銭は「受講料」とか「代金」とか「利用料」といった名前で呼ばれますが、要するに料金ですね。サービスを受けて、その代償として料金を払うわけですね。

しかし宗教はサービス業ではありませんので、金銭のやりとりに料金に類するものは一切存在しません。宗教団体では神仏を崇敬し、神仏と同じ心で生きることができるよう学んで実践し、寄付(喜捨)をして、その結果として徳積み・劫祓いが可能となります。そしてそれを積み重ねていきます。この徳積みと劫祓いが長く続いていくと、いよいよ神徳・仏徳も満ちてくるところとなって、なんとなく毎日の生活において物事の歯車がうまく回るような感じになってくるのです。

会員になってすぐに証が具体的に実感できる方の多くは、ワールドメイトに入会される以前に他の宗教団体でいろいろと試行錯誤され苦労を重ねてこられた方ではないでしょうか。ワールドメイトに巡り会うまでに、徳積みと劫祓いがいくらかは済んでいるという人達でありましょう。

会員になってもなかなか証が感じられないという方とお話しすると、これまで宗教をしたことはなくて、ワールドメイトに入会して初めて「お祈り」とか「ご奉仕」といった単語を知ったとおっしゃる方が多いですね。こういう人の場合、なかなかすぐには具体的な証が出ないかもしれません。

というのも、以前から徳積み・劫祓いをなさっている方であれば、おそらく、積み上がった徳がもうコップが溢れる直前まで注がれたお水のように蓄えられていて、いよいよ入会後の体行奉仕や寄付玉串の入金などで溢れ出ることになるのでしょう。この溢れ出た部分が具体的に形を取って証となるのではないかと思います。

しかし、徳積みが始まったばかり、劫祓いが始まったばかり、こういう方であれば、コップに水を注ぎ始めたばかりということですから、コップが満ちて水が溢れ出るにはまだまだ時間と手間暇がかかるわけですね。

神徳を実感するには、徳を積む、劫を祓う、この二つをセットで同時に行っていくことがとても大切です。その具体的な方法として手っ取り早いのはやはり「物施」なのです。なぜなら、自分の時間を使い手間暇をかけて稼いだお給料、これはまさに自分の命で作ったお金であり、これを真心をもって神仏に差し出すことは、まさに命がけで信仰することになるからです。そうしたお金で徳積みをするよりもご奉仕のほうがいいという人ももちろんいらっしゃいます。体施でも
もちろん徳積みになりますよね。

しかし、やはり物施をすることができるということは、それだけ本人にすでに徳が備わっているということなのです。それだけのお金を動かすことができるからこそ、そうした金銭での寄付も可能となるわけですからね。

このお金の扱い方について、お金の支払い方について、面白い話を聞きましたのでこの後紹介してみたいと思います。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。