ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今年2016年、8月18日早朝に行われた、灯籠流しの際の深見東州先生のお話しから、さらに続きをご紹介いたします。

以下、当日のお話しから------------------------

「その人が、時計におった人なんで、倉本選手にそっくりなんですね顔が。どっちが本物、どっちが雛形か知らんけどね。その人がね、『ハイエク会長は、深見先生みたいに、全部、何千個という時計を全部、ブランドを買って自分で、それで右腕に6個、左腕に6個つけて、毎日毎日時計を12本つけて、毎日毎日寝て起きて暮らしていた』ということなんですよ。それだけ時計が好きだから、それだけの事業が結局成功したわけ。やっぱりどっぷりつかって、愛して、つかって、本当にどうなのかっていう、ブランドごとの最高のものをわかって初めて、普通のみんなが好きなやつも良さがわかるわけで、そういうなものをヒントにして作っていますね、あのお手頃のものはみんなね。」

「だから、オペラも、最高峰のオペラを、音楽理論を究めて、最高峰のオペラを、ナブッコ、ファルスタッフ、リゴレットといったものの主役をやっていて、そしてジャズを歌うわけです。そしてポップスを歌うわけです。そしてシンガーソングライターをやったら、誰にも負けませんよ。圧倒的にNO.1ですよ。」

「その理論と同じです。最高のものをまず体験し体得して、身につけてどっぷりつかってね、そこからみんなが親しむようなものに、それだけの広い知識と経験と咀嚼力とね、身についているもの、初めてみんなが欲しいものが、どこがどのようにどう素晴らしいかがわかる。この音楽の時と同じなんです時計もね。」

「だから、菱研の皆さんも、自分が経験してどっぷりつかって経験して、微妙な感覚というものをわからないものを事業でしたらみなうまく行かない。人がいいとか悪いとか、売れるとか売れないとか、幸せとか喜ぶというのは非常に繊細なものでね、非常に繊細に細やかにちょっとしたことがすべてなんですよ」

「わかるでしょう、ざるそば食べて。あのちょっとしたことすべてにこだわったあのざるそばが。どこで食べるざるそばより美味しいと思いません?こりゃもうセブンイレブンが逆立ちしても、われわれの生活文化のざるそばには勝てないと思いませんか?細かいことのこだわりが全てなんですよ、料理というのはね。」

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。