ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今年2016年、8月18日早朝に行われた、灯籠流しの際の深見東州先生のお話しから、さらに続きをご紹介いたします。

以下、当日のお話しから------------------------

「古い会員さんならスゴいと思うでしょう?新しい会員さんが、『ふーん、よくわからんけれどもなんかすごそうだ』、まあぼちぼちわかってくれたらいいんで。まあそういうことだったんですよ」

「だから、スイスの、アルプス連峰が動き、主宰神の○○○○の神様が動いているんで、新しいものが動こうとしているので、そういうものの天啓を受けた人が、スイスの天才プレゲであり、フランクミュラーであり、リシャールミルであり、そしてパルミジャーニ、みな若き天才、パルミジャーニなんかまだ二十年ですから、フランクミュラーもまあ三十年くらいで、もちろんリシャールミルという人は、時計師じゃなくて、オーガナイザーのコンセプターですからね。」

「それが今本当に日本に来ていて、ヨーロッパ経済が下向きになってきているので、中国経済も下向きで、日本だけが上向こうというところなんで、いっぱいスイスの人が来ているんですけど、どうしてこんなんなのかな、理屈を超えて、釣りばっかりやっていた時はずーっと一年、二年と続いたんで、これも理由があると思うんですね。お祈りしてもお祈りしても、まずそのことばかり浮かんでくるから、意味がありますよ。まあ途中経過からわかった意味は、来年、○○○○を開くという。釣りの結論は『音大受験して行く!』というために、『そこまでやりますか、神様、音大受験するために!』『ここまで引っ張らなかったら、お前途中で、44歳からゼロから音楽理論を勉強して音大に行って修士号を取るところまで行けたのか?』『いや行けませんでしたすいません』その腰のタメがあるから揺るぎないものになっていくわけなんで、そのことは一体何の意味かわからないんだけれども、ずーっと一年、二年、なんでこうなんだ、なんでこうなんだと言って、二年間、三年間かけた問答ですよ。それで、『なるほどー!』とわかったら揺るぎないよね、次ね。しかしその奥には、35歳で私がピアノを始めた時に、グランドピアノが流れてきた、音楽が流れてきた、グランドピアノが流れてきた、最後に、タキシードを着た人の顔をみたら、私が弾いていた、それは○○○○の神様だったんですね。私と同じ顔です。私の御魂の根源のまあ、ものすごい昔の△△△でしょうけどね。私の顔なんですよ。『ああ、』だからもちろん銀河系の菊理姫は植松先生の顔ですから。あの顔なんです。植松先生に初めてお会いした時、42歳だったけど、まおそらく20代前後の植松先生の顔でしょうな。その時ピアノを弾いていたのは、40歳前後ぐらいの私の顔でしたけどね。若い顔でした。にこにこっとしてピアノを弾いているんですよ、タキシードを着て。私の顔をした人が先にピアノを弾いているから、それからピアノを習い始めたんですからね。不思議な話でしょう?でも結局はそれから今、始まって三十年かけて、いつの間にかオペラ歌手になり、ジャズでも何でも歌える。クラッシックのそんな難しいの、全部読めて、暗譜して歌いましたから、イタリア語。ジャズみたいのは、フェイクと、裏拍がわかればいいんで、なんでも歌えますよ。ジャズもできればポップスもできれば、シンガーソングライターも何でもできるんだもの、最高峰の音楽理論と最高に難しいやつをやっているからできる。今も時計も最高峰のものを集めているけれども、それらも全部身銭切って買って楽しんで、もちろんオペラも身銭切って全部ね、組織ですけど、身銭切って買って楽しんで、会得・体得して、初めて、安い時計でも、みんなが手が届くようなものを、まあね、フランクミューラーが欲しいんだけれども、何百万円もしてなかなか高い、買えないんで、8万とか10万の、ロベルトカヴァリ・バイ・フランクミューラー、工場で作っていますから、いいねっていうことで今ね、アジアナンバー1になりました、私の会社がね」

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。