ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今年2016年、8月18日早朝に行われた、灯籠流しの際の深見東州先生のお話しから、さらに続きをご紹介いたします。

以下、当日のお話しから------------------------

「その後、ピアノの音が流れてきて、ピアノをやり始めたでしょう?あれからですよ、西洋音楽をやり始めたのは。結局四十歳で声楽をやり、四十四歳で音楽理論をやって、武蔵野音大、academy of performing arts、オーストラリアの二大音大のひとつでそこの大学院を出て、それからずーっとオペラをやって、ジャズやって演歌やって、自分で曲を作って、武道館に一万二千人行くような形で、これは何年間か続ければ確立すると思うんだけどね、この今の私の西洋音楽を作詞作曲し歌い、オペラもジャズもポップスも、シンガーソングライターもやっているルーツは何だろうかと考えたら、35歳のピアノから始まったんですけど、そのルーツは何かというと、スイスの○○○○でお祈りしたことを神様が、結局スイスの○○○○のスの神というのはアンドロメダ星雲の主宰神が、ヨーロッパ神界の主宰神になるように降りてくる中心が○○○○なんですよ。の、エホバの神でありヤーヴェの神でありゼウスの神であるんだけど、その、今日見えたのは、○○○○の頂きにいる、座っているスイスの、スの椅子の神様がまた見えてきてね、だから磐梯山の神様が十年目に、ここの磐梯の神様が、スイスの○○○○の神様にちゃんと連絡を取って、この磐梯の神業の十年目が終わったらそこへ行きますよと言って、ここ磐梯山からスイスの○○○○の神様に連絡を取って、準備していたのよって。ていうのを教えてくれたんですよ」

「それでその、○○○○の頂きにいる座っているスの椅子の神様の顔を見たら、私の顔だったんですよ。私の顔をした人が笑っているんですよ。だから結局その神様がタキシードを着てグランドピアノを弾いていたのね」

「だから結局は磐梯山の25歳から始めた十年の磐梯の修養が終わってから、仙台に行くと同時に、神仙界に行くと同時に、ヨーロッパ神界のスイスの○○○○のフタを開けて、その神様が、スイスのヨーロッパ神界の主宰神が動かれて、グランドピアノが流れてきて、音楽が流れてきて、ピアノをやり始めた私の顔が、それは○○○○の神様だったんですよ。アンドロメダの神様なんですよ。が、ヨーロッパ神界に降りてきている。この神様だったんだということがわかってね、それでここでずっと台風の、嵐と雨のことについてお祈りしていたら、目の前に○○○○が出てきて、○○○○のところに今いるのね、宇宙空間に浮かんで。その○○○○に座っている椅子の神様が、『こういうところだったなあ』と思いながら見たら、顔が浮かんできて、私の顔になって『ニッ」と笑っているんですよ。私も『ニッ』と笑って笑い返してやったんですが向こうも『ニッ』と笑って、私もまた『ニッ』と笑って。

ですから、こことつながっているんですよ。この磐梯山のこの妙山、北極神界からね、から、○○○○の頂きにこれがつながっているんですよ磐梯山が。お手綱というのはそういう意味で結局ね、そんなところまで綱がつながっているんですよ」

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 磐梯山

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。