ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今年2016年、8月18日早朝に行われた、灯籠流しの際の深見東州先生のお話しから、ご紹介いたします。

以下、当日のお話しから--------------------------

「オリンピックの金メダル銀メダル銅メダルを、物語るようでございまして。本当に最も少ない数の灯籠船に、最も数の多いご先祖様が、30代前まで、まああの最初の10代目はこれで、20代目はこれで、30代目はこれで、日本のオリンピックチーム柔道、各階級にメダル取れました。卓球も頑張りまして、女子ばかり注目されておった卓球チームが、男子が頑張りまして、個人で初めて総合銅メダル取りまして、団体でもメダルが。体操日本はまさに個人総合の金メダル、団体総合金メダル、過去最高のメダルを獲得いたしましたので。幾何学的な船ですね、今回は」

「ああここに、ほう…三億年に一回という、天界の、天上界の転換期を迎えようとしている」

「すごいことを言うご先祖さんだね、あなたは」

「フッフッフッ、先祖だってスゴイ人はいるのさ」

「そうですな、毎回勉強していますから」

「これから北極神界へ行きます。さっきのお供えしておったアレがお弁当になりましてね、一人が和風弁当、外国に長く暮らしておった人は、洋風のサンドイッチ、チーズ、ソーセージになりまして、それぞれの一番好きなお弁当になっていますよ」

「なんか魚の臭いがしませんか、生ぐさい魚の臭いがする人手を振って。魚の臭いがしますでしょう。ぷーんと。魚の臭いがね、ぷーんとする。生ぐさいのが。これは龍神さん、磐梯山に鎮まる龍神の臭いです。ああ、生ぐさいのもそう思うと気持ちいいな。全然風は無いもんね、全くないもん。」

「どこへ行くんですかね」

「いや北極神界へ」

「北極神界て何なんですか」

「そりゃああのねえ、天国よりも…上のとこですよ」

「私らそんなとこ行かんでもいいから、天国だけで十分です」

「いや、その…一番素晴らしいものをちょっとだけ見てね、被面布をかぶりますので、被面布をかぶらなければねまぶしくて見られない。被面布をかぶると、北極神界みたいな圧倒的に高いとこへ行っても、見えるんですね。一段階上の霊界の上へ行くと、もうまぶしくて見えないんですよ。それだけ人間というのは暮らしが、とか現実界もそれが写っている。」

「普通の人が何かこう、スターが来るとまばゆいような感じ、会社の社長とか会長が来たら、まばゆい感じでこう。まばゆい感じ。そういうのが族長のアマテラスオオミカミというのは、そういうふうに、言っていただいて、フランスのルイ14世なんか太陽王ルイ14世って本来は族長の」

「…なる時が神の名前を…。アマテラスオオミカミと言っても、太陽神というわけではなく、輝くような族長のことを、アマテラスオオミカミと言ったり、太陽王ルイ14世みたいな形で」

「ね、現実界でもそうです。それだけ階級が違う人を見ると、まばゆいから目を開けて見られないような、畏れ多い感じがしますでしょう。天皇陛下でもね、社長でも会長でもね」

「霊界はもっとそうなんです。だけど被面布をかぶると、天国に行ってもまばゆくないし、天国のさらに上に行ってもまばゆくない。被面布をかぶしてもらって、神の世界はこんなんだよ、五大宗教の聖人がおられるところが北極神界ですから」

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。