ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今回は、私の友人の親子に実際に起きたお話しです。

私のお友達に、親子で会員をしている人がいます。娘さんともども会員で、まあまあ長く会員でいるのですが、そのお嬢さんというのがやっぱり占いが大好きなのでした。

何ヶ月か前に、この娘さんが転職することに決めて、いろいろと雑誌やネット上のサイトなどで新しい就職先を探し始めたのですが、こんな職種はダメ、就業時間はいつがいい、といった細かい注文をご本人がいくつもつけたため、なかなかコレという仕事に出会えなかったそうです。

そこで母親が、「絵馬代で21日祈願してみたらいいんじゃないの」と勧めて、本人が21日間、自分の部屋で特に細かく言分けて絵馬代を書いて、祈りを捧げたのです。

娘さん本人は、21日間、祈りを捧げつついろいろと転職先を探したらしいのですが、それでもなかなか自分の気に入る転職先に出会うことができませんでした。

その様子を見て、母親は、いろいろと考えてはいたらしいのですが、その娘さんを有名な占い師の所へ連れて行って観てもらうことにしたのです。娘さんは占いが大好きなので、「転職のコツみたいな話を聞ければラッキー」といった感じで喜んで出かけたのだそうです。そして、母親と二人で観てもらったのですが、娘さんの誕生日を告げて、その上でカードでも占ってもらったところ、「星回りから考えてもカードから判断しても、今この時期に転職するのは難しい」という返事が返ってきたのでした。

娘さんは大変がっかりしてしまって悄然として帰宅したらしいのですが、そこから母親が娘を励まして、もう一度親子で九頭龍祈願を七日間やることに決め、本人は改めて仕事を探しつつ、いろいろと応募してみたりしつつ、実際に七日間のご祈願を済ませたのです。

そうしたところ、九頭龍祈願を終えた次の日、ネット上の募集要項を見て応募していたところ2ヵ所から、面接したいからぜひ来て欲しい旨、電話連絡が入ったのでした。

最終的にはその二つの職場のうちの一方に転職が決まり、まもなく新しい職場に勤務し始めるということになったようです。

当の娘さんは採用が決まったその夜に、「占いに行って観てもらって一喜一憂なんかしても無駄ね。ご祈願している時に、『これでダメなら神様が今はやめたほうがいいとおっしゃているのかもしれない、でもとにかく真剣に祈るだけは祈ってみよう』と思って、それでとりあえず一生懸命祈ったんだけど、真心込めてお祈りしたらやっぱり神様が聞いて下さるってわかった。これからは自分のことも人のことも、何でももっと丁寧にお祈りしていくようにしたい」と話したということです。

お母さんのほうと話をした際に、「占いであれこれ観てもらって賢く立ち回ることを考えるよりも、神様に発願して、何度でもお祈りして、その上で正しい努力を着実に積み重ねていくほうが、やっぱりより良いやり方なのよね」という話になったのでした。占いで観てもらった後に、「どうせダメなんだから」といって投げ出さないで、もう一度二人で改めてご祈願したのが良かったのでしょう。諦めずに最後まで祈りきって、ちゃんと願いがかなったということで、本当に良かったですね。

会員でいて、祈り方をきちんと体得しているなら、占いで観てもらう必要などないんだな、と改めて思ったのでした。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。