ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

6.先天の修行と神人合一の道 (2)

 こうした毎日を送ることを一言でいうなら、「捨てる修行」をする、ということになります。我欲や人欲を捨てることですね。霊能力を得たい、超能力を得たい、などという気持ちは一切抱かず、人が良くなり、世の中が良くなるためなら自分の命を捨てても構わない、といった気持ちで日常生活を精一杯生きていくこと、これです。

例えばジャンヌ・ダルクがあれだけの大きな仕事を成し得たのは、結局、神がかるに十分なほど無私無欲に徹し、捨て身の純粋さに徹したからに他なりません。

中山みき、出口ナオにしても同じで、自分のことよりも、家族のこと、社会のこと、国のことを優先して考えていたのです。その純粋な心に神様が感応して、様々な神通力を与えたのですね。

これが神力です。神力とは、いわば、神様に川上に引き上げていただき、川上から川下に下る中で身につける神通力と言えます。そして、常日頃から自分を捨てる努力を続けることを先天の修行というのです。

これに対して、難行苦行を実践し、霊能力や超能力を得ることを後天の修行と言います。

そして、この修行をする動機に、少しでも我利我欲が含まれていれば高級神霊は絶対に感応しません。感応するのは邪気邪霊だけなのです。我欲は純粋なものではないからです。

「今の自分の社会的地位は、常識人として人一倍努力して確立しよう。霊能力などは、欲しいと思わなくても自分の努力と誠が極まって、その結果として備わればよしとしよう」こうした生き方をするのが本当なのです。

先天の修行には、後天の修行のような長時間にわたる訓練はいりません。ただ自分の欲を捨てればいいのです。そして、捨てるということを別の言い方で言い直すと、素朴で素直に生きるということになります。これが神人合一の一厘でもあるのです。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |