ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

深見東州先生は、「人が生まれてきた目的は、一見いろいろとあるように見えても実は全員に共通している目的がある、それは御魂を向上させること、御魂の修業のために生まれてきているのです」、このようにおっしゃっています。

それでは、この観点から毎日をどのように送るのが良いのでしょうか。また、毎日どのように守護霊に祈るのが良いのでしょうか。

究極のところはどうなるかというと、「自分がその時何をしているにせよ、一日一日の一瞬一瞬が、自分の魂の向上に結びつく一瞬一瞬になっているのが理想」だということのようです。

そして、「御魂を向上させる・御魂の修業」ということをもっと具体的に言うなら、二種類の方法がある、ということになります。

それはすなわち、「どこまでも善なるものを信じながら、真理を追究して向上していく、つまり学び続けていく、道を極めていく」という陰の面、すなわち「内修」と、もうひとつ、「善徳を積んで功(いさおし)を立てる」という陽の面、すなわち「外慈」と、この二つです。御魂を向上させていくのには、この二種類しかありません。信念を持ってどこまでも真理を究めて向上していくというのと、善徳を積んで功を立てることによって向上していくというのの二つです。人間の御魂が向上するという時には、この二つの方法、陰と陽、道と慈、こうした二つになるわけです。

真理を究めていくと物事が分かってきて、やはり世の中の役に立つことがしたい、人々の幸せの役に立つことがしたい、このように考えが至って善徳を尽くしたいと考えるようになる。道が極まって慈に至ります。また、善徳を施そうとしていろいろと問題に突き当たった時に、本当の布施行ができるようになるには、もっと英知が必要だ、もっと真理に通じていないといけない、このように反省し、もっと勉強しないといけないと考えるようになります。慈が極まると道を志すようになります。したがって道と慈、つまり内修と外慈は不即不離の関係にあり、どちらが欠けても残った他方も成り立たなくなるわけです。

そうすると、守護霊さんに実際にどう祈るのが良いのでしょうか。それは、まずひとつ、毎日必ず「今日も功(いさおし)を積むことができますように」と祈ります。少しでも人々のために役に立つことができて、何か人救いができますようにと祈るわけですね。そして次にもうひとつ、「今日もわからなかったところがわかるようになって進歩向上発展のある一日となりますように」と祈るわけです。具体的に「□□と○○についてわからないところがありますので、どうぞ教えていただけますように」と祈るのでも良いかと思います。このように祈ると、必ず神様から(守護霊さんたちを通じて)お返事があるということです。

こうした陰陽両面の祈りを毎日繰り返し祈って積み上げていく、こうするとどんどん神様と交流できて、毎日の生活が実り豊かなものとなり、善徳の積み方も進歩早さも人の2倍、3倍の早さで進んでいけるようになるということです。すばらしいですね。

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。