ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

「才能や運気を開花させるには、努力だけではだめだ」ということを受けて、それでは「才能が社会的に開花するために必要なものは何か?」と考えた時に、「それは徳分である」ということがわかりました。そして、その徳分には三種類のものがある。その三つとは、人徳、地徳、天徳ですね。

人徳とは、「自分自身を修養して高めている人格面」のこと。「その人物の人間的色あいや魅力」をさしています。

地徳とは、「前世において自分がどれほど徳を積んできたか」という過去の徳分のこと。この地徳の有る無しが、社会で才能が認められて開花・結実するかどうかに関わってきます。また、俗に言う「ツイている人とツイていない人との違い」となります。

天徳とは、神の道に生きようとする人、根源的な信仰力を持っている人に備わるものです。神仏に深く帰依しているとか、天の正しき道を貫いて生きてきたとか、あるいは神様仏様に対して功徳を積み、信仰力を磨き錬磨し、一人でも人を救済してきた人は、天の徳が授けられているのです。また、天徳を授かっている人は、悟りや叡知、パッとひらめく発想、才能、霊的な素質を持っています。

それでは、この三つの徳が均等に備わっていないとどうなるのか、その点を引き続き「絶対運」から見てみたいと思います。

引用ここから---------

 たとえば、天の徳があっても地の徳がないとすれば、あなたの望みは世の中で結実・成就しない。「発想・ヒラメキは抜群だけど、どうも現実に役立たないんだよなあ」と言われるのがオチである。

 地の徳があって天の徳がなかったらどうなるか。

「あいつ、何をやっても結構うまくいくけど、スゴイ発想で時代をリードするといった、叡知の香りみたいなものとはまったく無縁なんだよな。才能があっても、あれが限度だぜ」

 人徳がないと、

「たしかに彼は成功しているかもしれないけど、あんなに狡猾で悪辣だといい死に方しないね。見ていてごらん。そのうちポックリ……」

 こんな声が聞こえてきそうだ。

~(中略)~ 徳には三つあり、それぞれの働きがおわかりいただけただろう。人・地・天の三つの徳が調和し揃って、初めてより完璧になるのである。

~(中略)~ 自分にはどの徳が足りないか。まずその弱いところを発見して、そこを補強することである。

 というと、前世の不徳を今生で補強することができるのかと疑問が出よう。勿論できるのである。

引用ここまで----------

ということで、三つのうちのいずれかの徳分が足りないなら、それを補強すれば良いのだ、という話に当然なるわけですね。それではどのようにして自分に足りない徳を補強するのでしょうか。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。