ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

どういう家に生まれてくるのか、この点については、まず自分の徳と劫の持ち分によって決まるということを理解することが大切です。基本的には徳を積んでいれば良い家に生まれることができるようです。

生まれた家の良し悪しといいますが、これも要するに「その家にはどんな歴史があるのか」、別の言い方で言えば「その家に、どんな先祖がかつて存在したのか」ということになるのですが、生まれ変わりの際に少し特殊な事情があって、どうやら自分の生まれた家に何度も生まれ変わってくる場合もあるようなので、場合にはよってはとんでもない先祖が実は自分自身だった、ということもあるようです。けれども実際には、普通の家に生まれてきた場合、先祖がどんな人柄だったのかといったことがわかることはほとんどない、そういう記録が残っている家はそんなに多くないわけですから、自分に相応しい家に生まれてきたのだと言い聞かせることぐらいしかできないでしょう。

前世から持ち越してくることができ、また来世に持ち越していくことができる要素としては、「学問・芸術・信仰」がありますね。今世努力して学んだこと、心がけて追究したことはすべて来世の自分の才能として持っていくことができるわけです。今のあなたがいろいろと器用に勉強するのが得意だったりするなら、その理由はおそらく前世とか前々世で頑張って習得したのではないかと推測できるのです。

前世はどうだったのかわからないし、来世でどうなるかはわからないのですが、今世において間違いなく言えることは、例えば「守護霊に祈ればいくらでも聞き届けてくれる」といったことを知っている、これが挙げられます。これを知って実践する人と、何も知らないままで生涯を過ごして人生を終えてしまう人とを比べると、そこにはそれなりに大きな差ができるのではないかと思えてきませんか?

前々回に紹介したように、子孫が「このように生きていきたい!」と発願するなら、それを聞いて守護霊が導いてくれるわけですね。それではそういうことならと、「私の今世の天命は何ですか、そこから逸脱することなく、今世の天命を忘れることなく最期の最期まで生き抜くことができますように!」と発願するなら、おそらくそのように生き抜くことができるように必ず守護がもたらされることでしょう。

今世ではそのような「前向きな発願をすることが大切なのだ」と知っているのですから、発願しないで生きていくなどあり得ないわけで、次々と発願して、毎日新しいことを発願して、生きていけばいいのです。今世ではこうした知識を得てそしてまたその知識を実際に実践できるわけですから、今世とはこれまでの自分の魂の歴史の中でまさに千載一遇の好機だと言えるでしょう。

まさにこの機会を逃すことなく、守護霊に祈り、神仏を動かす方法を知ってそれらの神仏に祈ることで、自分の命運を改善していくべきでありましょう。

今世において、神縁を得て神霊界にまつわる知識を学ぶことができるということ、これは、一人ひとりにとって前代未聞のチャンスなのです。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。