ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

ワールドメイトはお蔭信仰をする団体ではありません。実在の神様、すなわち生ける神々の息吹きを直接感じたり、そうした神々にいろいろと語りかけたり祈ったりすることで、神々とやりとりをして、その結果としての証(あかし)・手ごたえを実感できることがワールドメイトワールドメイト足る所以でありましょう。

けれども、中にはどうしても証が実感できない、とおっしゃる方もいらっしゃるようです。

それではどうして証が実感できないのでしょうか。

いろいろな理由があるでしょうが、代表的な理由の一つとして、「お祈りが実はお祈りになっていない」ということが挙げられるのではないかと最近思うようになりました。

私の知人の会員に、一人、「なかなかお祈りのセリフが出てこなくて困っている」という人がいます。

この人がいつも神社参拝の時でも、支部で御祈願する時でも、「どう祈ればいいのか分からない」とすぐに言い出す人なのです。

私はいつもこの人には、「自分が素直にこれを祈りたい、これを神様に聞いて欲しい、そういうことをそのまま言えばいいのよ」と何度も繰り返して言っているのですが(もちろん支部では我が事を祈るのはダメですが)、それでもなかなか実際に祈る際にはそううまく言えないのだそうです。

「自分のことで言いたいことが特にない場合は、世界のこと、日本のこと、今私たちが住んでいる○○県のこと、地域のことなんかを祈ってもいいのよ。支部の会員のことを祈ってもいいし、自分が感謝したり心配している会員のお友達のことを祈ってもいいのよ」と何度も言うのですが、それでもやっぱりなかなかうまくお祈りできないのだそうです。

この人の場合、国語力といいますか、順に述べ挙げていく言葉遣いのようなところが分からないのだと思います。それで、先日の深見東州先生の氷見での祝詞を聞いていれば、「ああ、あんなふうに祈るのか」と分かりそうなものですが、なかなかうまくできないのだということなんですね。

それで、私はこの人に祈るべき内容を順に1番から10番くらいまで書いたメモを渡して、「ひとつひとつの内容のおわりに、自分と相手と、関わるすべての人達という存在について言葉を足しながらお祈りを進めていくんですよ」という具合にお伝えしたところ、まあ、なんとかできるようになりそうな感じみたいです。

それでも言葉が足りているからというだけで、必要十分なお祈りになっているとは限らないんですけどね。

(つづく)

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

次の記事を読む→
ここをクリック
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。