ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

現在、「救霊」と呼ばれているワールドメイトでの霊の救済方法は、最初からあったわけではなかったのだそうです。深見東州先生があれこれと試行錯誤された結果、神霊界の法則を押さえて、誰がやっても安心して最低ラインが保証されるように組織立ったやり方を採用して、統一された祈り方、進め方を完成されたのですね。

救霊の方法が完成されるまでは、「想念転換」といって自分の抱いている想いの世界を変えていくことで、自分に憑依している霊たちを取り除くというやり方がなされていたようです。

私たちは毎日、お互いに確認することなく、まあこんなところであれば妥当だろう、ということで、バスに乗ったり電車に乗ったり、改札口を通ったりレストランを利用したり、スーパーで買い物をしたりしているわけですが、こうした行為はおそらく、そのほとんどが両親から躾けられたことに基づいて良し悪しを自動的に判断して、やったりやめたりしているのではないかと思います。

自分が抱く感情にしても男性であれば自分の父親を無意識に真似しているはずで、例えば短気な父親がいるのなら、その息子も、自分から父親に対して懐疑的な気持ちを持つといったことがない限りは、同じように短気な振る舞いに走る場合が多いのではないでしょうか。もちろん女性であれば、自分の母親をコピーしているはずです。

この、「親の真似をして代々受け継がれてきた躾・価値観・ものの考え方」が、実は目には見えない家代々の徳分であり劫ではないかと思うことがあります。目に見える対象としての徳と劫が凝縮したものとは、例えば血液であったり、体質であったり、あるいは先祖から受け継いできた田畑や家屋敷などがその例として挙げられるでしょう。

ところが、たとえ目に見える形を持っていなくても、考え方や価値観も実は親から受け継いだもののはずです。短気な息子は、父親に心を寄せている限りは短気な振る舞いを改めようとはせず、自分の子の短気さも容認したまま生涯を終えるかもしれないのです。短気さが代々受け継がれていくわけですね。

ところが、自分のものの考え方・想い方が当然のもので、自分は短気でいいのだと思っていると、その短気さがもたらす悪い結果が見えてこないかもしれないのです。自分にとってはなじみがあって意識すらしない自分の想念の世界に実は歪みがあって、その歪みのせいでいつも短気な言動に走っているとき、人は自分の短気さのせいでいろいろと支障が起きてきてもなかなかその短気さを改めようとはしないものです。そして、この歪みの陰に、実は霊障が隠れているかもしれないのです。

(つづく)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。