ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

深見東州先生の「大除霊」を見ると「霊能力が一切なくなってもぜんぜん平気で、普通の現実界の人としても、人々が尊敬できるような立派な行いと人間性をもつことができて、はじめて、神界とともに生きる人となることができるのだ。」とあり、霊能力を持つことがすばらしいとは一言も書かれていないのです。

御神示全集にも以下のように見られる通りです。

「全ての現象を霊界より見れば、
 幻であり影である。
 たとえすばらしいことであっても、
 霊界に想念を向けて行うときは、
 神の御目より見給えば、
 実りあることとして受け取られることはない。
 人の生が三次元をその足場とする。
 三次元はそのままが神の世界なり。
 神心の現し世なり。宝の実の花園なり。

 全て愛より発して神に想念が行き、
 あらためてこの世で目に映るもの、
 耳に聞こゆるもの、
 肌で感ずるものが
 神のお姿であることを自覚し、
 天地を楽しみつつ、
 日々暮らすのが人の本文である。

 霊象霊的能力ことごとく神の望むところにあらず。
 ただ人が、あまりに神なり仏なりを
 不可思議なものとしてとらえるこころあり、
 その因を結びつける方便として
 使っているだけなり。
 神は仏教で言うようなむつかしいものでも、
 厳しいものでもない。
 ただ楽しく、面白く、美しく
 輝いている天の楽の元だと思われよ。

 中心というのは
 すみきった無心のものでなくば、
 高厳、崇貴、深遠なる神の働きや、
 姿をうかがえるものではない。」
(御神示全集、p.155)

このように、深見東州先生は、霊能力について、これまで一度も賞讃したり推奨したりされたことはないのです。何度もおっしゃっているのは、「社会人として他人と協調してまともな毎日の生活を送り、普通に給料を稼いでくることのほうがよほど大変で尊い」ということなのです。

会社に行けば、意地悪をする先輩、人のいうことにまともに耳を貸さない後輩、不適切な指示ばかり出している上司、仕事が遅くて効率が悪い同僚、こういう人達に囲まれて気の休まる暇もありません。かといって家に帰っても、なかなか話の合わない妻や夫がいたり、やはり言うことを聞かない娘や息子がいたら、それこそ身の置き所がないというものです。しかしそれでも、めげることなく、明日も出勤していかなければならないのです。多くの人がそれを約40年もの間、ひたすら繰り返して、いつの間にか人生の晩年を迎えているわけです。そして「三次元はそのままが神の世界なり。」とあるように、この現実の世界をより良くし、皆をより幸せにしていくことが実は一番尊いのです。神の意志を代行することができているからですね。

ですから、変な神がかりのようなことをしてみせて、一年先や二年先のことをいかにもそれっぽく予言するといったことをわざわざ会員になってやろうとする必要は全くないのです。

それこそ、霊能力で占いをしてみせるプロに任せておけばいいのです。霊能力が発揮される時のその仕組みを知れば、決して霊能者になりたいなどとは思わなくなるでしょうから。

(つづく)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。