ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

悶々と苦しむばかりでは、自分から能動的・積極的に自分の運命を切り拓いているようにはなかなか感じられないことでしょう。

あがないをすると同時に徳積みをすれば、個人としての自分と自分の生まれた家と、この二つが持つ劫を清算すると同時に徳分を積んでいくことができるわけですから、加速度的に良くなっていく人が多いのです。

そこで、自分の所有する金銭、自分が捻出することが可能な時間、自分自身の肉体、これらを使用して、神業奉仕に徹してみるのです。

交通費を出して支部まで行き、自分が自由にすることができる時間をかけて支部の当番をして、お掃除をしてみたり荷物整理をしてみたりするわけです。

現代社会においては、個人の時間を切り売りして金銭に交換することが、市場経済の制度の下で一般に広く行き渡っています。正社員であれアルバイトであれ、要するに時給に基づいて給料が計算されて、その給料を日給あるいは週給、あるいは月給という形で受け取って、そのお金で生活していますね。自分の時間を、一定の労働を提供する代わりにお金に換えて戻してもらって生きているのです。

そして、その人に与えられたこの世の時間というのは、この世に誕生することで発生するものだと考えると、時間=命、なのです。したがって、神仏に対してご寄付をさせていただく、自分の時間を使ってお掃除させていただく、これはすなわち自分の命を神仏に捧げていることになるのです。

こうして自分の命を神仏に捧げるからこそ、徳を積むことができ、また劫を祓うことができるのです。

ですから、神業奉仕を始める際には、またいろいろと作業をしてすべてを終えて帰ろうかという際には、必ずお断りのお祈りを捧げることがとても大切です。祈りを神様に受け取っていただいて、体を動かして最初から最後までやり抜いて、その時の姿勢を神様に見ていただいて、それで初めて神徳をいただくことができるのです。

そしてさらには、始めたことは止めない。貫き通す精神こそが信仰心なのですから、いったん始めたことは絶対に止めることはないのです(もちろん常識的に考えて反社会的でなく、公共の利益と福祉に反しない事柄について、言っています)。途中で止めなければ、必ず実を結ぶ時が来るのです。ですから、週に一度、必ず支部に行く。月に四度、支部に行く。年に四八回、支部に行く。これを週に二度にしてみたり、三度にしてみたりすることはあっても、いったん行き始めたなら、行かなくなるということはあり得ないのです。

そうやって、支部の都合と自分の都合をうまく合わせてみようとか、自分の家の都合と支部の都合をすりあわせてみよう等色々と工夫しているうちに、いっそう努力が要求されるようになったりします。それに合わせてさらに色々と工夫しているうちに、その姿勢が精進努力になっていったりするのです。

(つづく)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |