ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

守護霊さんたちは、四六時中見守ってくれているのですが、子孫がどう行動するのか、気になるのは守護霊として活動することを許されている先祖ばかりではありませんね。

例えば、子孫がちゃんと先祖供養をしてくれるのかどうか、先祖としてはやっぱりとても気になるようです。

ちょっと今の季節にはまだ気が早いのですが、先祖供養にまつわる出来事を思い出したので書いてみますと…

ある会員の方のお盆の時の出来事だと聞いたのですが…

夏が来て、お盆の先祖供養を今年はどうしようかと考えておられたのだそうです。それで、その年は、節分からいろいろと申し込みが続いていて、その上にお子様たちの進学や入塾などで出費が重なったので、「今年は申し込みは一休みさせていただいて、また来年にしようか」と思ったのだそうです。

それからしばらくしたある日、先祖供養の申し込みを結局どうしたものかなあと考えながら夕食の支度をしていたところ、ふとしたことから天ぷら鍋の火をつけたまま台所から離れてしまって、しばらくたって我に帰ると鍋から炎が上がっていたのでした。なんとか消火器で消し止めたので大火事にはならずに済んだということでしたが、結局室内の内装や焼け焦げた換気扇などの修理・交換で○○万円かかることになってしまったのでした。火災保険に加入していたので、この費用は全額保険を適用することで補填できたのですが、その方は「これはご先祖の皆さんが怒って知らせてきたのかなあ」と考えて、改めてパンフレットをよく読んで、丁寧に祈りを重ねて申し込みしたところ、結局この補填された費用とほぼ同じ金額を自然に申し込みすることになったのだそうです。それで「最初から素直に申し込みしていれば良かったなあ」と改めて反省したということでした。

深見東州先生も何度もメルマガでご先祖の様子を描写して下さっていますが、先祖供養の時に限らず、ご先祖の皆さんは、おそらく子孫の一挙手一投足に愛の眼差しを向けて下さっているのだと思います(そういう余裕のあるご先祖ならば、ということですね)。

ですので、いつも守護霊団が守ってくれているだ、と本当に確信して、あの世からの影響を大なり小なり受けているのだと実感しながら毎日を過ごすことで、いっそう守護霊との合一は進み、良いひらめきが湧き上がってくる、なんとなく良いことを思いつく、といったことがやりやすくなるのではないでしょうか。

私が実感しているのは、結局前向きで積極的なやり方を採用して、前向きで積極的なひらめきを活用していくことが一番良い結果につながっていくよね、ということなんですけれども。自分から積極的に行動した時に、やっぱりいい感じのひらめきがやってくるんですよね。

(つづく)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |