ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

イラクイラク共和国、首都バグダッド)はメソポタミア文明が栄えた地そのものと言ってよい場所だということなのですが、古くから農業が行われ、様々な王朝が入れ替わり立ち替わりこの場所を支配してきたということです。

ウマイヤ朝(歴史上最初のイスラム帝国(661-750))が始まる前の正統派カリフの時代には、既にイラクはイスラム帝国の版図(=領土、勢力範囲のこと。)に取りこまれていました。ウマイヤ朝が亡び、アッバース朝が興ると、762年からバグダッドの造営が始まり8世紀末から9世紀初頭(790年頃~809年)には人口は150万人にもなり、当時、唐の長安とならんで世界最大の都市となったのです。バグダッドは、その造営に際して占星術が応用された都市としても知られています。インドからはゼロの数字をもつ数学が伝わり、インド数字をもとにアラビア数字がつくられたのです。また、数多くのギリシア語文献が収集されてアラビア語に翻訳されたことでも有名です。9世紀前半にバグダッドに建設された「知恵の館」では、プラトンやアリストテレスなどの著作が翻訳・研究されました。以後、バグダッドは、東方におけるギリシア学術研究の中心地となり、アッバース朝の下でバグダッドでは、ギリシャ・ペルシャ・インドにおける哲学・数学・自然科学・医学などの文化が融合して高度なイスラム文化が発達します。これはのちにラテン語に翻訳されてヨーロッパ文化の発展にも大きな影響を与えることになります。

話は飛びますが、様々な歴史を経て、20世紀にはイラク王国が成立します(1932年、昭和7年)。この王国はスンニ派が中心となる王国でしたが、1958(昭和33)年にクーデターが起きイラク共和国が成立します。その後1963(昭和38)年には二度のクーデターが起き、エジプト寄りの国家運営となります。そして1974(昭和49)年から1975(昭和50)年にかけて、サダム・フセインが権力を握ります。正式なサダム・フセイン政権は1979(昭和54)年に誕生し、翌1980(昭和55)年イラン・イラク戦争が起き、この戦いはおよそ八年間続きます(1988年停戦)。

そして、イラン・イラク戦争が終わってわずかな期間を置いて、今度は1990年にクウェートに侵攻、1991年からは湾岸戦争が始まることになります。

(つづく)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : イラク バグダッド ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。