ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

ユダヤ教の選民思想を批判したのがイエス・キリストだったのですね。気がついてみるとキリスト教の教会が家の近くにあったりして、あの十字架のネックレスがなんとなくわくわくさせるようなものに見えたりして、キリスト教がなんとなく身近ではあったのですが、いろいろと
調べてみると、実際には知らないことがわんさかありました。虚心坦懐にいろいろと再確認してみたいと思いました。

イエスは「すべての人間はみんな平等で、神を信じる者は誰でも救われる」と説いたようです(しかし、後にキリスト教徒がやったことの中には、この教えとはずいぶん矛盾したこともたくさんあると思うのですが)。

このキリスト、という言葉は「メシア」をギリシア語に訳した言葉なんだそうです。イエス・キリスト、という言い方を人の名前だと思っている人もいるが、そうではないんですね(私も人の名前だと思っていました)。イエスは捕らえられ、ゴルゴダの丘で十字架にはりつけにされ、処刑されたのだと考えられています。

イエスは死後、復活し、信者たちに教えを説いたとされています。そして、「イエスこそ救世主である」と考える人たちがキリスト教徒と呼ばれるようになったようです。

イエスの教えは弟子たちがまとめました。それが「新約聖書」です。キリスト教をつくったのはイエス自身ではなく、弟子たちだったのです。

ユダヤ教とキリスト教の教えでは、人間は死後もその身は亡びることなく、地中で眠り続け、「世界の終わりの日」が来ると、眠りから目覚め、最後の審判を受けるのだそうです。そして天国もしくは地獄のいずれかに行くことになる、というのですが、これを復活、と呼んでいるのですね。この復活の日のために、肉体を燃やすことなく、すなわち「火葬」にしないで、「土葬」にしているということなのです。からだがないと天国に行くことができなくなる、と考えているようです。イスラム教でも同じだということです。

(つづく)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |