ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトは、深見東州先生をリーダーとする宗教法人です。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしておられます。

今回総本部での神法伝授に参加させていただいたのですが、思ったのは、上手に待つための技術、これが大切だなというか、もっといろいろと工夫したほうがいいかなというか、そういうふうに思いましたね。

深見先生がおっしゃっていることの一つに、「神業の成功・不成功が何で決まるのかというと、準備の段階からどれだけお祈りを積み重ねていくことができたか、また、中身をどれだけ極めて本番を迎えることができたか、これらが大切です」ということがあったと思います。

今回、当日までの仕込みと、現地に着いて着席してから自分の内面をどうもっていくのか、この二つの部分で、もう少し工夫する余地があったな~って感じたんですね。

当日までの仕込みということで考えてみると、24日土曜日に大仁総本部に行かせていただくまでに自宅で毎朝御祈願をするにはしていたのですが、今になってみればもう少し言葉を足して、そしてもう少し時間を長くとってお祈りしておけば良かったかなと思いました。というのも、祈った中身がやや抽象的で紋切り型になっていたため、やっぱり具体的な臨場感が欠けてしまっていたのではないかと思ったのです。

それから、当たり前のことなんですが、「待っている時からすでに御神業が始まっているのだ」ということをしっかりと理解しておくことが何といっても大切ですよね。目に見えない世界をお取り次ぎしていただくために、自分も含めた参加者全員の目に見えない世界、すなわち内的世界が充実することが何より大切です。だから、内面を充実させるための原則を理解しておくこと、この点の大切さを改めて感じました。現地に入って待つということは、気を凝結させていく、という段階にあるわけですから、この「待ち時間」を大切にし、無駄なおしゃべりをせず、気を発散させることなく、意識の世界を神仙なる存在に向けていく、ということを全身でやらないといけないわけです。理屈で分かるのと実際に体で表現できるのとが一致しているとは限りませんからね。

それで、ちゃんと「待つ」ためには、そして自分の気持ちを高揚させ続けていくためには、体力も必要ですね。体力不足を侮ってはいけないなって思いました。

それから、自分自身に自分の言葉で語りかけて、それを祈りに変えてどんどん神様に投げるのですが、やっぱり言葉が出なくなってくると飽きてくる、言葉が足りなくなってくると退屈になってくるのですね。それで、高揚感が失われてきます。言葉が出てこない理由は、最近活字に触れておらず、言葉を忘れてきているからなんですね。ここ最近は、ちょっと活字に触れる量が減ってきていると自分でも思っていたので、良い本をもっと読まないといけないと改めて思いました。文学性をもっと豊かにしたいなって思いました。

今回、最後に締めくくるにあたって、深見先生が霊を以て霊を取り次ぐという話しから具体例を出して、丁寧にいろいろと解説して下さいました。他人に向けて、いつでも、分かりやすく説明できるようにしておくことが大切ですね。

次回の御神業がよりいっそう素晴らしいものとなりますように。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。