ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


進撃の阪神巨人ロックコンサート!!、行ってきましたよ~

今年は会場全体ですごい盛り上がりでしたね~最初から飛ばしまくりでしたね!

去年のマイケル・ボルトンとピーター・セテラも良かったんですけど、今年のボビー・キンボール、ミッキー・トーマス、スティーブ・オージェリー、ジョー・リン・ターナーの4人もめちゃくちゃ盛り上がりましたね。

私も皆さんと同じく立ち上がったり座ったり、また立ち上がったりしながらノリノリで曲に合わせて歌ってしまいました。

深見東州先生の「マジンガーZ」から始まりましたけど、最初から会場全体が高揚感に包まれてすごい勢いでしたね。時間が足りなくなるからお喋りできないって何回かおっしゃっていましたが、大阪の時は本当にしゃべりまくっておられましたから、それがこの武道館の時には全然違うところの一つでした。

個人的には深見先生のジャズのスタンダード曲も良かったと思いました。もう思わず聞き惚れてしまいました。「東京砂漠」なんかも良かったですよね。前から歌い込んでいる曲がいくつかあって、そういう曲の場合はやっぱり聞きやすいんじゃないかなって思ったりしました。お忙しいから新曲の練習なんかも大変なんじゃないでしょうか。

その後は四人の巨人の出番(ボビー・キンボール、ミッキー・トーマス、スティーブ・オージェリー、ジョー・リン・ターナー)でした。この四人が歌ったハードロックの曲(ミッキー・トーマスはハードロックじゃないですね)は、子供の頃(といっても中学生に入ったばかりの頃)からいつも聞いていた曲ばっかりだったので楽しめました。ジャーニーなんか中学生の時にお友達と一緒にお兄さんに連れられてコンサートに行ったことがあったので、懐かしくって思わず涙が出てしまいました。やっぱり青春時代に聞いた曲って忘れないものですね。

それでやっぱり一番盛り上がったのがジョー・リン・ターナーでしたね。トトとかジャーニーとか、そしてレインボーとかディープパープルとか、それにレッドツェッペリンなんかも全部そのお友達のお兄さんが買ってきたLPレコードをカセットテープに録音してもらって、それで自分の家でラジカセで聞いていたもんですから、ほとんど聞き覚えがあって知っていたんですけど、いきなり「Burn(バーン)」を演奏しちゃいましたからね。これには驚きというか感激というか、本当に最高に盛り上がりましたよね。ジョーも声がガンガンに出ていましたし。個人的にはディープパープルの「In Rock」、「Fireball」、「Machine Head」、「Who Do We Think We Are(紫の肖像)」、「Burn(紫の炎)」、「Strombringer(嵐の使者)」の6枚が一番好きだったので、ホント、飛び跳ねてしまいました。

budokanconcert03.jpg


これだけ盛り上がってしまうと、来年はどうするのかな~なんてちょっと心配になったりしましたけど、来年も絶対来ようね、ってこれも大盛り上がりでわいわい言いながら帰途に就きました。

で、帰ってきて考えていたのは、才能ってあるよね、ということだったんですね。続きはまた次回に。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ジャーニー ディープパープル ジョー・リン・ターナー 深見東州

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |