ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義の心432

ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

人の心というのはなかなか当てにならないものですよね。たとえば、昨日までは職場の同僚のAさんのことを気に入っていたと自分でも思っていたのに、さっき取引先の営業のBさんが久しぶりにやってきて、ちょっとした気遣いを見せてくれたら、もうBさんのほうが良い感じ、なんて思ってしまう。

そういう人の心の当てにならないことを深見先生が

「心はコロコロ変わるもの、だからココロというのです。そんなコロコロ変わるもの、浮いたり沈んだりするものに正直に生きるなんてことをしてはいけません。自分の心に正直に生きるなどということは教養のある人の生き方ではありません。」

とおっしゃるのを聞いたことがあると思います。

「好きです」、「愛しています」という気持ちも所詮は自分の心から出たものであれば、あまり当てにならないんじゃないかと思ってしまいます。

そして、実際に、もののデータによると、「今の20代の夫婦は3組に1組が離婚し、離婚した男女の6割強が再婚するということです(牛窪恵さん)」といったことにもなるらしいのです。

しかし、「好き嫌いに基づいて、嫌いになったから別れる」、「この人とつきあっているとどうも自分にとって今は有意義そうだからつきあっておくことにする」、「とりあえず今のところはこの人に興味が持てるので、つきあっておくことにする」、こうした態度は一見自分に正直そうで正しいようにも思えるのですが、よくよく考えてみると「自分の心に正直に自己主張している」ということでしかないわけです。つまり、「自分の心のまにまに自分が言いたいことを言っている」ということであり、そこには相手に対する本当の愛情が無いのではないかと思うのです。言いたいことを何でも口にすることが必ずしも物事に良い結果をもたらすとは限らないのはみなさんよくご存じの通りです。そして、相手が自分の言いたいことをこちらに向けて言ってきた時に「まあ、なんて不愉快な人なんだろう!」と思う時に、なぜかをよく考えてみれば、それは相手の発言に思いやりがないからこそ、不愉快に感じているはずです。

だから「好き嫌いに基づいて、嫌いになったから別れる」、「この人とつきあっているとどうも自分にとって今は有意義そうだからつきあっておくことにする」、「とりあえず今のところはこの人に興味が持てるので、つきあっておくことにする」という姿勢の中には、実は相手に対する本当の愛情が含まれていないのです。それらは、要領よく効率的に自分の人生を過ごしていきたいという打算と計算でしかないのです。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。