ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深見東州先生が総合芸術監督、制作総指揮をされた、ピッコロオペラ!!「コジ・ファン・トゥッテ」、見てきましたよ~

すっごい面白かったですよね、ほんとに。めっちゃ面白くて、何度も大笑いしてしまいました。

一階席でしたので舞台はばっちり、衣装もばっちり、歌手のみなさんの表情もばっちり見えました~ほんとにくつろいで楽しむことができて素晴らしかったです~

でもこれだけ楽しめたのも、実は最初にあった深見東州先生の解説のおかげなんですよね~

どういう姿勢で聞くのがいいのか、その点を説明して下さったので、一番いい感じで楽しむことができたんじゃないかと思います。「モーツァルトと、カフカと、横尾忠則は、能楽堂の目付柱のようだ」というあの説明ですね。

この説明を最初に聞かせていただいたので、なるほど~って感じで自然体で楽しむことができたんですね。「モーツァルトを理解するためには、モーツァルトの生きた時代の価値観を理解する必要があるのです」ということでしたが、納得~って感じでしたね。

あの妹役のアンナ・ドースリーさん、抜群の歌唱力でしたね。25歳だそうですが、「2012年には、オーストラリアン・シンギング・コンペティションにおいて、シンフォニー・オーケストラ・ヤング・ヴォーカリスト賞をはじめとする数々の賞を受賞し、総合優勝者となる。また、2012年シドニー吟遊詩人大会では、『オペラ芸術と支援団体』奨学金と、オープン・オペラティック・ヴォイス賞の両方で1位を獲得。さらに、オーストラリアオペラ財団の2012年度レディー・フェアファクス奨学金の特別受賞者となる。この奨学金により、2012年11月にニューヨークへ渡り、メトロポリタン歌劇場やジュリアード音楽院、マネス・オペラ学校の指導者や講師のもとで学ぶ。」ということですから、素晴らしい実力の持ち主でとっても高く評価されているということなのでしょう。よくわからないけどすごいんでしょうね。声がバンバン飛んできましたよね。

男性二人が犬の衣装で出てきて、「毒フード」(ドッグフードのだじゃれ)を食べて苦しむふりをする、とか、それをさらにでっかい鍼で治すとか、ほんとに奇想天外ですよね。こういう衣装でオペラをするっていうことは普通にあるのでしょうか(珍しいんじゃないかと思うのですが)。すごく楽しかったと思います。

合唱を教えて下さっている大貫先生も、めちゃくちゃかわいい衣装で、真っ赤なドレスも、かわいい尻尾も、どの衣装も本当に似合っていましたよね。(尻尾でおしくらまんじゅうしていましたね)

ドン・アルフォンソのたぬきさんもめちゃ面白くて、あの「丸禁」に大笑いしてしまいました。何から何まで新しくてオリジナルだったのではないかと思います。

あいだあいだに入るねずみ芝居も楽しかったですよね。ねずみさん達で一番笑えたのは、あの馬車を引く場面で、馬車を引いて前進する動作を延々と繰り返していたところでした。その場面の間中ずっと休むことなく一度も間違えることなく最後まで全員が同じ動作を淡々と繰り返していましたけど、その淡々と繰り返すところが本当に笑えましたね。でも同時に本当にプロだなとも思いました。笑いながらもかっこいいーとか思ったりしてました。

カーテンコールもすごい盛り上がりで、皆さん総立ちでした。すごい長いカーテンコールでしたね。

深見東州先生、素敵で楽しいコンサート、本当に有り難うございました。次の催しが楽しみですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 深見東州 オペラ モーツァルト カフカ 横尾忠則 オーストラリア

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。