ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生のお話で、印象的だったものの中に、情熱を捨ててはいけない、というお話がありました。

何事を追究するにせよ、自分なりの呼吸を大切にすることが肝心だ、ということを仰っていたことがあったと思います。どんなことであれ、向上心というか、工夫する心というか、より良いものにしていきたい、と思うなら、どうしたらいいかな~ってついつい考えてしまいますよね。

信仰心を持ち続ける時にも、支部に定期的に通ってご奉仕の役割りを果たす時にも、結局は自分の心を自分で運んでいく「技術」というものがあるんですね。しんどい時にしんどいなーって思う、めんどくさい時にめんどくさいーって思う、これだけなら誰でもやっていることなので、そこを切り返して自分に言い聞かせて、「それでも支部に行こうかな」って自分の気持ちを持っていく、それが自分の心をうまく持っていく技術だと思います。

そして、こういう技術には自分なりの呼吸があると思うんですね。その自分なりの呼吸をまず大切にしないといけないと思います。義務感のみで無理矢理続けていくと必ず反動が来て、硬直してしまって身動きが取れなくなってしまうので、無理をし過ぎない。でも、自分を鍛えたいし、ちょっと劫祓いにもなって欲しかったりするので、ちょっとだけ無理をしてみる。そこで、自分の気持ちをもう一度振り返ったりして、自分なりの呼吸というものを見つけていけばいいんじゃないかと思います。

で、結局、何でも続けていこうとすると、必ず壁に突き当たることになりますよね。

深見東州先生のお話で聞いたことがあるのは、「壁を越えていくのに必要なものは、情熱です」ということでした。この情熱、つまり激しく燃え上がる感情、熱情、熱烈な思いってことですね。この情熱が薄れると、技術、向上心、道心(ここでは一つのことを投げ出さずに追究していく姿勢のもとになる心持ち、くらいの意味)が失われてしまう。自分をより高めたい、とか、支部をより良くしていきたい、なんていう時に必要なのはこの情熱ですよね。

この情熱を保ち続けていれば、必ず、時期の早い遅いはあっても、壁を越えていくことができるんですね。

それではこの情熱をどうやって保っていくのかというと、それは向上心を絶対に捨てないこと、そして、精進努力の方法をどうか教えて下さい、と神様に祈り続けること、が鍵になってくるようです。

開き直って向上心を捨ててしまうと、途端に情熱も一気になくなってしまいます。中には、開き直ってしまって、今まで自分が歩んできた足跡、積み上げてきた徳、こうしたものが一気に色褪せて見えている人もいるかもしれません。でも、信仰をしてきて、自分の過去を否定するようなことをしてはいけません。だから、諦めてはいけないのです。

ですから、ちょっとペースを落として休憩するのはいいと思うんですけど、絶対投げ出してはダメです。今までの努力と足跡は必ず神々様がご覧になっている、つまり、努力したぶん、功徳があって徳積みになっているはずですから、もう一度考え直して粘り強く「私の精進努力の道を教えて下さい」って祈るのがいいと思います。

絶対に情熱を捨てない、工夫を怠らない、向上心を捨てない、そして道心を忘れない、こうした点を確固としたものにしていけば、必ず壁を越えられる時が来ますよ。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 情熱 呼吸 信仰心 向上心

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |