ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 宗教ってやっぱり学校だと思います。サービス業ではないと思うんです。

 サービス業って、お客さんが料金を払って、それに見合うだけのサービスを受けるものですよね。リフレクソロジーとか、エステとか。

エステ、ほんとに超リフレッシュしますよね!

それはともかく、例えばエステなら、時間と料金と施術内容が決まっているから、それをお客さんが納得して選んで、そのサービスを受けますよね。

 ところが、宗教って何?って考えた時、まず「宗教的とは何か」ということになると思います。すると、例えば神社では、玉串を納めて御祈祷してもらうんですけど、その祝詞を上げる声音が気に入らないからやり直して欲しいとか、御札の効き目が無かったみたいだから支払った玉串を返して欲しいとか、普通は言いませんよね?謹んで、敬って、お願い事をするわけですよね。母の病気を治してやって下さい、とか、今年中に結婚できますように、とか、○○大学に合格できますように、とか。そしてお願いしたら、必ずかなうとは限らないけど、神様が好きな人なら、なんとなく安心なんですよね。それで。

 神様に対して謹んで敬って接して、お願いするのが好きなんです。

 目に見えないけど、居るか居ないか証拠を出せないけど、神様に向かって、謹んで敬って語りかけるのが好きなんです。

 で、その謹んで敬って接していこうとする姿勢を神様だけではなく、毎日触れあう機会のある家族や友人・知人、会社の同僚に対しても同じように表現していければ、毎日がより一層素敵なものになるかなあ、とか思ったりするんです。

 形にして見ることは出来ないけど、尊重すべきもの、大切に敬うべきもの、そういうものがあることを認めて受け容れて、実際に行動の上で、そうしたものを大切にしていくこと。これが宗教心のある振る舞いってことになるでしょ?そうすると、普通やっぱり自然に謙虚になると思うんです、そういう宗教心がある人は。

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 神様 神社

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。