ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

社会人として普通に毎日を送っている人の場合、霊能力の根源が高級神霊や高級守護霊である、なんていうことはまずないようです。それは、深見東州先生の「大除霊」に次のように書かれていることからもわかります。

「『人々は霊能を開きたいばかりにやってきては、鎮魂法帰神の神法を請い願う。どんなに厳修しても、

その人の腹の奥とその人の人格と日常の生き様に合った霊しか呼べないし、来ないのだ。

少しよさそうな人物だと思ってやっても、やっぱりだめだ。神霊の後には必ずすぐに邪神が来て、当人はたぶらかされていても気づかず、自分で取り払うこともできない。信仰の基礎が定着していないからだ。百人やって一人が少しましな霊が定着する程度だ。しかし、その人も、しばらくすると間違った方向に行って、結局は魔にやられてしまうことになる。ああ、真にがきわまって、信仰力が透徹した人物はいないものかなあ』

 という歎きが常日ごろの王仁三郎であった。」

(たちばな出版「大除霊」 p.86)

つまり、神様が降りてきてそのままずっとそばに居てくれるような人間は、普通はいないのです。

ですから、「~~さんには霊能力がある」という場合、十中八九、その人の背後に動物霊が憑いていると考えて間違いないでしょう。

動物霊の霊能に頼り、それを自慢に思って振る舞い続け、死んでいくとどうなるか。そうした霊能に頼ることはすなわち、その動物霊を崇拝することに通じます。すると、死後、その動物霊の配下となって、奴隷のようにこき使われることになるのです。

ですから、ワールドメイトの会員は毎日を普通に過ごして、普通の社会人でいればいいのです。お取り次ぎ者として、正しく原則通りのお取り次ぎをしたときに、きちんと神徳が現れ、証が出さえすれば、それで十分なのです。自分で霊能者然として得意がっているのは、正神界の神仏に動いていただくためには何が必要なのか、神霊界の法則を理解していない証拠です。

「私には相手の守護霊の声が聞こえる」とか、「私にはお告げをする能力がある」という人が、霊感占いをする人の中にも存在していると思います。しかし上記に引用したとおり、その人にふさわしい霊しかやって来ないのです。

聞こえるのも、お告げが口から出てくるのも、すべて深見先生がおっしゃるところの、邪霊・動物霊がもたらす能力なので、こうしたことができても少しも素晴らしいことではなく、そんなことはできなくてもいいのです(もちろん、特別な家柄や特殊な環境に置かれている方にはここでの話は当てはまりません)。

話を救霊師や九頭龍師に戻すと、救霊師も九頭龍師もお取り次ぎ者であり、真心で祈りを捧げて、相手に良かれと思ってお取り次ぎをすることで、正神界の神仏が動いて下さるのであって、そのお取り次ぎのプロセスには我力は不要なのです。ですから、お取り次ぎ者は霊能者ではないし、したがって霊能力を発揮することもありません。

正しい斎庭で、正しい神仏に、正しいお取り次ぎを、正しい方法で行えば、誰でも同じように結果が出るという点にワールドメイトの素晴らしさがあり、そしてそのような方法を誰もが体得できるよう体系化して下さったところに深見東州先生の偉大さがあるといえるのではないでしょうか。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 霊能 守護霊

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。