ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブロとも一覧


ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霊能者、というからには霊能力がありそうですけど、それでは霊能者である証拠である霊能力とはどこから来るものなのでしょうか。

深見東州先生の「神霊界」を見てみると、次のように書かれています。

「高度な霊能、たとえば霊視透視、あるいは空間移動、高度な除霊などになると、念力だけではなかなかできない。やはり、背後から力を与える存在が必要になってくる。」

「そのバックアップしてくれる存在が何であるかによって、その人の霊能力の特色・種類や次元の高低が決まるわけである。」

「守護神、守護霊がバックアップしている霊能力に次いで次元の高いのは、龍である。以下、天狗、狐、蛇という順になろう。」

これらから、霊能力の源になる、霊的存在が背後で力をふるうことで霊能力を発揮するのだということがわかります。

しかしさらに続きを読めば、霊能力には魔界からのものも多いことが書かれています。そして、正神界の霊能力と魔界のそれとの違いは

「正神界からの霊能は何よりもまず、人の幸福を第一に考える」
「希望をもって生きられるようにするのが正神界からの霊能」
「本来、助言をするなら、可能な限り前向きに生きられるよう助言するべき」
「人を不幸にする、いたずらに人心を惑わす、解決策がないのは邪神界からの霊能」
「美しさ・芸術性は邪神・邪霊には発揮できない」
「観念ではない生活そのものから来る、美しさ・清らかさ・繊細さがあるのが正神界の霊能」
「美しさ・すがすがしさがないまま、主義主張によってもっともらしいことを語るのが邪神界」

といった点に注意すれば見えてくるようです。

しかし、実際には、深見東州先生は、「霊能力がある、と主張する時点で、背後に○○○の霊が憑いているのです。」と以前にメルマガでおっしゃっていたことがありましたよね。つまり、普通、霊能力の根源は、動物霊である場合が大半みたいですね。他には、死んだ後に行者界に堕ちた、行者くずれの人霊に憑依されて霊能力が開くこともあるみたいですけど。

本当の正神界の神様を直接お取り次ぎすることができるお取り次ぎ者というのは、深見東州先生の他には、まあいらっしゃらないのではないかと思ったりしています。

今回の大救霊と豆木のお取り次ぎを体験された方なら、そうお感じになった方も多いのではないかと思います。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊 霊能 霊視 透視

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |