ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

霊界とは何でしょうか。

例えば、今自分が居る霊界はどういう世界かというと、ただ今の自分の境地を思い返せばわかります。今自分が居る霊界とは、今の自分の境地のことなのです。人間は、この三次元の世界に肉体を持ちながらにして、つまり生きたままで、自分の中の霊界を、天国にすることもできるし、地獄に落とすこともできるのです。

それでは死後、自分はどういう霊界に行くのかを考えた時、どうやって決まるのか。

ほとんどの場合は、死ぬ間際の境地、今際の際(いまわのきわ)の境地で決まるようです。

霊界とは心の世界であり、それはすなわち、意志と想念の世界です。そして意志と想念の世界は、時間と空間を超越しているのです。ですから、昔の自分が高校生だった頃、青春の頃を回想して心の中に思い浮かべる時には、時空を越えて、ただちに自分や友人達が十代後半のあの年齢だった頃を思い出し、ただちになつかしい高校の校舎のことを思い出して、自分が高校に通学していたその当時の世界に入ることができるのです。

かつて自分が通った高校は、自分の霊界の中に永遠に存在しているのです。

自分の今際の際の想いが死後の霊界を決めるということに関しては、次のような話を聞いたことがあります。

昔、源氏方の追っ手から逃れてきた、平家の落ち武者がいたのです。

実は、その落ち武者は、命からがら逃げる途中、川を渡って逃れようとして川に入ったところで、そのまま息絶えて死んでしまったのです。ところが本人は、自分が肉体的に死んだことに気付かないで、意識の上では「頑張って泳いで逃げ切らなければ」、と必死に思っているものですから、魂は肉体から抜けてしまっているのに、心はその川にとどまったままで、ずっと泳ぎ続けるということになったのです。

これがいわゆる地縛霊ですが、この落ち武者の霊の場合は、救ってあげるまで800年間くらい心だけがその川にとどまり、泳ぎ続けていたようです。死んだことを自覚できないで、思いだけが残っていたのですね。(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 地縛霊 霊界

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。