ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生が、「会員の方が死ぬ時の理由について、いろいろあるんですが」という説明をしてくれたことがありまして、またまた続きです。

ワールドメイトの会員が、若くして亡くなる場合に、もう一つ別の理由があるようです。

深見東州先生がご説明下さったところでは、会員が亡くなるのは、やはりそれは天命なんですよ、ということでしたね。そして天命として亡くなってしまう場合には、大きく分けると二つの種類がある、ということなのです。つまり降臨御魂の場合と再生御魂の場合とに分けて考えることができる、ということのようです。

順に説明してみますと、降臨御魂とは、神様、あるいは菩薩、如来、エンゼル、徳の高い僧侶や武士や賢者の生まれ変わりのことです。次に、再生御魂ですが、前世で自殺したり切腹したりして、寿命半ばでいったん霊界に帰ってしまったという場合ですね。寿命を最後まで生きなかったというので、生き足りなかった部分をやり直すために生まれ変わってきた御魂のことです。

そして、この二つとは別に、再臨御魂というのがあります。再臨御魂とは、普通の人だけれども、高く、強い発願を貫いて、その中で神様がおかかりになり、神と人が一体になっている、というものです。

ものすごく素晴らしく、神業にとっても熱心な人は、「降臨御魂」か「再臨御魂」の場合が多いということです。

さて、話を戻して、会員が早死する、夭折するということと「降臨御魂」あるいは「再生御魂」とがどういう関係になっているのかというと、降臨御魂の場合は次のようなことが考えられます。降臨御魂として神業のために生きることを発願して生まれてきたにも関わらず、普通に結婚して子供に恵まれたり、平凡な暮らしに安住してしまう人が時に出てきます。すると、そういう暮らし方では志を全うすることができないとなると、生まれてきた意味がなくなるので、あっさりと御魂が神界に帰ってしまうことになります。こうした場合には、理由にならないような理由で亡くなります。

あるいは、神業を全うすべき人が、仕事、仕事、仕事でうまくいき、神業よりも仕事中心の日々になった場合。そのままでは神様のために生き貫くことができず、永遠に天命を果たせないということになります。すると御魂が天界に帰り、あっさりと三十歳くらいで亡くなるのです。

ものすごく良い人やものすごく神業熱心な人が、そういう御魂だったために、この世の誘惑に負けて世俗に埋もれた生き方をした場合に、あっさりと亡くなることがあるんですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 御魂 降臨 再生

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。