ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分に相応しい守護霊は、皆さんが考えるより前に既に憑いているのです。今現在、もう守護霊さんが守ってくれている、ということですね。そして守護霊が本当にその人に相応しいのかどうかは守護霊の奥にいる守護神が判断している、ということです。

自分が受け身な生き方をしていてもどんな人でも最低限の守護霊は守ってくれているわけですが、その人が強く前向きで積極的な決意をした場合、多くの場合は何か目標を持った時には、守護霊が交替することがあるのです。

どうしてもこの道に進みたい、とか、どうしてもこれをやり遂げたい、といった願いを強く持つこと、これを発願(ほつがん)といいますが、そういう発願をその人がして、実際に行動に移し、努力をして、この努力を三年間継続した時には、それまでの守護霊が、発願の方向に相応しい新しい守護霊と交替するのです。ですから、発願したらまず三年頑張ることが大切です。この三年で基礎が調うからです。そして三年を過ぎたらそこからさらに七年、合計で最低十年はやり続けること、努力を貫くことが鍵となります。

守護霊は普通にしていても一生のうちで何度か交替することが決まっています。というのも、人の一生のうち、時々に応じて、人生の具体的なテーマが決まっており、そのテーマに沿って導く必要があるからなのです。守護霊が交替する回数は、一生のうち、だいたい四~五回くらいだということです。一番少ない場合でも三回くらいは交替するようです。

守護霊が交替するのはどういう時かというと、以下のような場合に分けられるようです。

1.自然に交替する
守護霊が自然に交替する場合です。人間は、生まれた時点で、既に人生の予定の9割は決まっています。○○歳のときにこういうことが起こり、□□歳の時に~~となる、といった具合に、人生の節目節目で何が起きるか決まっているのです。それを知っているのが守護神や産土(うぶすな)神で、そうした節目ごとに、本人には自覚がないまま自然に守護霊が交替し、新しい環境に対応できるようになっているのです。

2.環境が激変したとき
学校を転校した、両親が離婚した、海外に引っ越した、など、環境が大きく変わった時に、そうした変化に適応しようと、誰でも必死に頑張るでしょう。そういうときに、守護霊がパッと交替して、新しい環境に馴染み、乗り越えていけるよう、後押ししてくれるのです。自然に交替する場合と時期が一致することが多い。

3.本人の志が定まったとき
こころざしを抱いて、その実現に向けて本人が具体的な行動を起こした時にパッと守護霊が替わります。目標は何でもよいのですが、将来の方向性と具体的なあり方をしっかりと決めて想い描いたとき、その志(こころざし)をかなえてあげようと、守護霊が交替するのです。

以上の3つが守護霊が交替する主な場合です。それでは守護霊が交替したら、何が起きてくるのでしょうか?

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。