ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

手相占いで活躍されていらっしゃる西谷泰人先生のことが、深見東州先生の著書に紹介されていました。(深見東州 (1998). 神界からの神通力、たちばな出版)

西谷泰人先生の守護霊である大伴家持(おおとものやかもち)が西谷先生に出されたメッセージが紹介されています。

「人間は生まれて死ぬまで天命は定まり、それを、陰界から易占いにてさぐる。

 ここに汝の思い違いがある。

 人は善徳、信徳、智徳によって、命運はあらためられる。

 これに上まわるものこそ、信仰力であり、神徳なのである。

 よく、これまでの方向の奥をさぐり、真を求め、布施のための手相鑑定、提言、示唆 でありたまえ。

 われは言辞の才、文章の才、神前の真摯なる心得をもたらすべく、知らせ、導くものである。」

とあるんですね。

大伴家持(718頃~785)は奈良時代の政治家で、歌人だったということです。長歌や短歌など400首以上も「万葉集」に収められているようですが、百人一首の歌(かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける)は、「万葉集」には入っていないそうです。

息子の大伴永主は隠岐国(今の島根県隠岐郡、隠岐諸島のこと)に流されたみたいですね。
なんとなく、なっとくー。

これを見ますと、善徳、信徳、智徳によって、命運を改めることができるのですね。

善行を行い徳を積むことによって、また神仏を信仰することで得られる功徳によって、また物事を学んで、事柄の見通しを立てて、物事の奥を見通せる知恵を身に付けることによって、めぐりあわせをよくすることができる、ということかな?

でも、「信仰を持って、神徳を授かるなら」、もっと運命を改善できるんだー…

「やっぱり、運命は全部決まったものじゃあないんだ!」

「明日からまたがんばろー!」

で、「占い」は今の自分の、「運命についての健康診断」みたいなものなのかな?

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。