ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

奉仕をするのはなぜか。どうして損得を越えて、みずから自分の時間や金銭を神様の御用に捧げようとするのでしょうか。

自分の損得にとらわれず、自分の好き嫌いを乗り越えて、我を捨てて奉仕にいそしむ理由は、そうした「自我を捨てて神様の御用のお役に立つことをしたい」という姿勢が、それこそ神様、天使、菩薩と同じものだからです。自分の体を動かして奉仕をする「体施」や自分の言葉で神様のことを他人に伝えるという奉仕である「法施」をすることで徳積みができる、そしてそれが同時に御魂を一番向上させることにもなる、こうした理由があるからこそ、奉仕活動をするのです。

真心で奉仕に打ち込めば、その心と行いの誠が、神仏や守護霊に通じます。その結果が良くなるのです。

が良くなるからといって、「が良くなりたい」と念じながら形だけ奉仕をしてもが良くなるとは限らないのです。というのも、形の奥の動機が不純で打算がそこに入っているからです。

が良くなる、因縁が取れる、といった御利益(ごりやく)信仰の団体のような言い方をすると勘違いしてしまう人が出てくることでしょう。

神仏に通じる誠と、実際にが良くなるために必要な徳分、この二つが揃わないと、本当に運が良くなることは難しいのです。

したがって、本当に運が良くなるためには、いったん目の前の自分の願望をすべて棚上げにして、自分の願いは一度忘れてしまって、一心に神仏に利他の想いの祈りを捧げるということ、あるいは一心に奉仕にいそしんで我執を捨てるということ、こうした段階を通過しなければならないのです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。