ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

・不はあくまでも結果なんですね。

と、これだけ言われたのでは何のことか分からないのですが、が良いとか、が悪いという今の状況に到達してしまうためには、それ以前に、そういう今をもたらすような過去があったはずなのです。過去の後に今がやってきているわけですから。

それでは今の・不を左右しているものは何かというと、それが分であり(ごう)なのです。分とは幸運の素(もと)。とは苦しみの素。分をたくさん持っていると、幸せが何度も、それも大きく、やってくるのです。が多いと、苦しみを、次々といろいろな形で経験することになります。

たまたま職場があるビルを出て、お昼御飯に出掛けたところ、地震に遭遇した、というケースを考えてみましょう。

運の良い人は、たまたま出掛けたところで地震に遭ったとしても、たまたまお空がよく見える広場に居て、揺れはしたものの落ちてきたものも少なく、揺れが収まるまでその場で待って、それから無事避難することができたのです。

ところが運の悪い人は、たまたま出掛けたところで地震に遭った時に、古いビルのお店でランチをしているところだったりします。それで結局お店から逃げようにもビルが崩れ落ちてしまってどうにもならず、3日くらい瓦礫の下に閉じ込められたりすることになります。

があるという状態、あるいはが重いという状態に分かれていく時には、それまで、そこに至るまでに善行をなしたのか、それとも悪行をなしたのか、という違いがあるのです。善行をなせば自分の分となり、悪行を積み重ねれば自分のとなるのです。そして分が多い人はたまたま運が良い結果となり、が重い人は結局運が悪いということになってしまうのです。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。