ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

仙台に続いて鳴門の神業も終わりました。良かったですね。鳴門の日の出、清々しかったですね。神様が、ここでは良かった、とおっしゃったそうで、本当に良かったです。

ところで仙台の神業の続きを少し。今回の会場はもともとは修験者の修業する霊場だったということなんですね。そして、泉が湧いていることから、自然龍がいるということでした。

この龍神さんたちが玉をもらって神上がりしたんですね。

ここでいう玉とは叡智のことです。そしてこの叡智こそ、普通は、人は自分でひらめいたとか思いついたと思っているのですが、実は神様から来るものなんですね。

正神界の神霊のお使いとして働くと、働きに応じてお褒めに預かる。この時に、神様からご褒美として叡智、知恵をいただけるのです。その繰り返しで優秀な眷属として成長していくのですね。

結局この神事会場にいた龍神たちは、塩釜大社の眷属として就職できたそうです。龍神さんの就職先を人間が決めるなんて、そういう世界のしくみに興味がない人、理屈が分からない人からしたら良く分からないへんな話に聞こえるでしょうが、その現場にいて、これまでの深見東州先生のお取り次ぎを見てきた人なら、なるほど~と納得しますよね。

そして、深見東州先生がおっしゃるには、龍神も愛念というものが自然に理解できるわけではなく、概念というものを理解して、愛念の出し方を理解して、実際に人間が喜びますようにーといってやらないと、最初はうまく人間を喜ばすことができないんですよ、ということでした。やっぱり龍神さんも練習してうまくなっていくんですねー、面白い!

会場にいる時に思っていたんですが、私たち会員の間を風がびゅーんとうなってすり抜けていくことが何回もあったのですが、あれは絶対龍神さんがやったたんだと思います。私たちのことを興味があってずーっとご覧になっていたんですね。

霊たちを救い、龍神さんたちも神上がりさせて、日本を救っていこうとして神事をされるわけですから、本当に深見東州先生のお取り次ぎの素晴らしさを実感することができた仙台の御神業でした。

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 龍神 仙台 泉ヶ岳

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。