ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ある御神業の時に深見東州先生がおっしゃったのは、「厳しいとか苦しいとか辛いといったことは、考えてみれば全て相対的な問題です」ということがありました。

「そもそもこの世には皆さん修業をしに来られたわけですから、この世にいて、苦というものが全くないということはあり得ません」

「例えば今日の御神業も、皆さんが会場に連れてきて下さった浮遊霊の重みや、皆さんの因縁の重みなどで大変苦しいのですが、それでも血統転換大神徳祈祷の前ほどの辛さではないし、やせる神徳祈祷の前の、脂肪の塊につぶされそうな言葉で表せないような気持ちの悪さほどではない。また、お能でシテを演じる本番ほどの緊迫でもないですね」

とおっしゃるのです。

「しかし、そうは言うけれども、無理矢理に何でも感謝、感謝と感謝しさえすればいいというものでもないのです。まず、より楽しかった時やより苦しかった時と比較してみます。すると、今は辛いけれども、あの時ほど苦しくはないのだから、と自然に感謝の心が湧いてきて、今が幸せなものに思えてくる。こういう方法で想念を工夫することが修業なのです。そして精神的・肉体的に劣悪な環境の中で苦を乗り越えていくのに応じてしか、神様や背後霊のご守護はいただけないのです。苦と立て替える分だけしか、本当のご守護はいただけないのです。」

「体力的、精神的、金銭的、時間的といった、あらゆる苦の中で、死ぬほど絶叫している状態の自分を大切にしていると、いつも背後霊に守られ、その分だけ、霊力、体力、集中力が授かり、言霊の稜威(みいず)も磨かれていくのです」

「そして、神仏に対するこうした絶叫こそが、背後霊を呼ぶ秘伝の一厘でもあるのです」

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 言霊 修業

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。