ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

ある時、ある神社の社頭で深見東州先生がお話しになったことがあります。

その神社の神様は、例えば、比喩で言うと、「生かすべきものは生かし、殺すべきものは殺す」という働きをするのだそうです。

そして、そのような生死を司る神様は、太陽系という枠組みで考えた時、冥王星の神様であり、その○○神社の元の神様は実は冥王星の神様だということだったのです。

また、○○神社の神様は、冥王星の働きだけではなく、同時に木星の発展力も持っていらっしゃるということなのです。その神社の境内には趣きのある回廊があるのですが、これが、実は木星の宮殿に大変よく似ているということです。

この○○神社の神様は、潰すべきは潰すという厳しい力と、残すべきは残し、甦らせて、どんどんと繁栄させていく力と、この両方を持っているということでした。

こういう神社が実際にあるんですね。

それにしてもなぜ、「滅ぼす」という働きを神社の神様がなさるのでしょうか?

(続く)

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 神社 冥王星 木星

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。