ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

今回のメルマガは、いろいろな意味で、けっこう衝撃的でしたね。

まずアタールが黒字にも関わらず営業を終了してしまうということ。

普通に考えれば何も儲かっている会社を潰すことなんかないわけだから、普通の経営者なら「断腸の思い」となるところでしょうね~。

ところが深見先生には次々と天啓が降りてくるものだから、全く常識的な価値観では理解できないような結論になるわけですよね~。

そして、実際に神様がおっしゃる通りにやっていくわけですから、だからこそ本物の神々が降り続けているわけですよね。そうだからこそ、天啓の宗教としてあり続けられるわけですよねー

そして何と言っても一番印象的なのがこれ。

「占いは、本来『天意を伺い、君子がそれに向かって修養に励む』以外は、全て邪法なり」

「あれ(=奇門遁甲大全きもんとんこうたいぜん)は、わが没後三百年ぐらいに、洛陽あたりの易者が、勝手にわが名を語って作りしもの。俗説をまとめた、九分九厘まで邪法と魔法と偽法(ぎほう)のものなり。だまされるでない」

という諸葛孔明のご神霊からのメッセージですね。

うーむ、なるほどーなるほどーなるほどーなるほどーなるほどーなるほどー………

(守護霊団が、それみたことか!と言っているような気がするー(@_@))

私、占い、好きなんですよねー………(^_^;)

ま、偉そうに言っても、やっぱり占いは胡散臭いものなんだなーという結論に落ち着きそうですね。


そして次になるほどーと腑に落ちたのが

「占い師がお客様から鑑定料金をもらうと、お客様の劫を肩代わりすることになる」

という説明ですね。

つまり、占い師がお客様を見ていけば見ていくほど、自分は劫にまみれて、最後は夭折してしまう、ということですね。つまり、積んだ徳が即「料金」の形で具体化していて、それで贅沢はできるかもしれないが、最後に変死・早世する、ということなんですね。

その劫を受けないためには、料金としていただく金銭をそのまま神社仏閣か慈善事業などに寄付すればいいのでしょうけど、やっぱりお金を目にすると、少しも執着することなく右から左に寄付できる人は、なかなか、いらっしゃらないんじゃないでしょうか。

(続く)

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : 世界中に愛を ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。