ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生がおっしゃるには、神霊界も、三層構造になっているということです。

目に見えるものしか信じないという人にしてみれば、太陽、月、水、といった天体から神霊波動が地球に降り注いでいるといっても荒唐無稽(こうとうむけい=よりどころがなくとりとめもないこと、でたらめ。)な話にしか聞こえないでしょうし、ましてそういったに、神霊が住んでいるということになると、まず信じてもらえないでしょうね。

古代人はおそらく天体と何らかの意志のやりとりをしていたのだろうと深見先生はおっしゃっていましたが、今の時代に生きる私たちも、きっかけさえあれば、の世界を垣間見ることはできるのです。

それが深見東州先生の主催される「ツアー」なのですが、これは、神霊界に一人ひとりの奇魂で飛んでいって(というか瞬間的に移動して)、そして神霊界の様子を見聞きしてくる、というものです。

実は星の世界も人間と同じように三層構造になっているんですね。人の体というか、人のしくみを神霊的に見てみると、まず肉体があって、同時に肉体に重なり合って霊体があります。そして中心となる部分に魂があるのです。星のしくみも実はこれと同じで、目に見える部分は星の肉体にあたる部分。そしてその奥には、星の霊体と星の魂にあたる部分があるのです。

深見東州先生は、「肉体を脱いだ人は、つまり死んで霊となった人は、生前の行いに応じたレベルの星に住み、そこで何百年か修業して、また人として生まれてきたり、あるいは別の星に移住したりするのです」とおっしゃっていました。

ところで先ほども述べましたが、この星の神霊界に今、自分が生きている時に飛んでいって、その様子を見てくるのが「星ツアー」なのです。これに参加すると、星の神霊界の運気をもらってくることができるので、すごく運が開く人が出てくるんですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 神霊 荒唐無稽

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。