ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

金縛りの原因「浮遊霊篇その4」です。

有名な観光地に行った時に、旅先の宿で金縛りにあう人も多いみたいですね。霊界法則の一つに、想い描くとそれが即行動、移動につながって、想い描いた場所や人のところへ行ってしまう、というか憑いてしまう、という法則があるそうです。

ですから、亡くなった人、つまり霊が、「あのとき行ったあの場所は楽しいところだったな…」と思い出してその想念にひたってしまうと、霊体がいつのまにかその場所に行ってしまうそうです。つまり、有名な観光地には、生前その場所を訪れたことがあるという霊がいろいろと集まっているようなのです。想い描くとすぐに対象のところに行ってしまうという霊界法則が原因で、観光地は実はけっこうにぎやかなのかもしれません。そんな観光地を訪れた後で夜旅館で泊まっている時に金縛り、というのはよくあることみたいです。

霊にしてみれば何か訴えたいことがあって声をかけているようなのですが、生きた人間にとってはそれが金縛りになってしまうわけです。

誰でも金縛りにあうのではなくて、霊的な存在を信じている人、霊感が強い人だけに起きることなんですね。霊との間での交感作用なんだそうです。

金縛りにあわない人は、つまりは霊感が鈍いということみたいですが、でも霊感が鈍いというのはつまりは浮遊霊との波長も合わないのでしょうが同時に良い霊との波長も合わないということになるようです。人の心を読むのが下手、ということにもなるみたいですね。だから人情の機微を解するのかどうか、という時にはやっぱりある程度人の心に敏感、ついでに霊的に敏感といった感じのほうがいいみたいですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 金縛り 霊界

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。