ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

大きな節目ごとに試練があったりなかったりして、自分の本来の道からあまりはずれないよう正されて一生を送っていくわけですが、私たちが知るべきこととして大切なのは「すべてこの節目というのは、今世の最低限の目標は達成できるように」ということで、神仏の働きかけ=導きがある結果なのだということですね。

深見東州先生は、「人間の天命というのは、『最低限これだけは達成します』ということで今世生まれてくる時に神様と約束した内容です」とおっしゃっていました。

生まれてきてこの世の中を生きていくということは、苦しい面も確かにありますけど、同時に喜び事もやっぱりありますよね。そして、今現在を生きていて、前世の借金と前世の貯金とがあるから、不運と幸運ができてくるんですね。前世で人様を辛い目に遭わせた人は今世では逆に自分が辛い目に遭います。前世で人様を幸せにして差し上げたという人は、今世は幸せの星の下に生まれてきて自分が幸せを実感できるのです。

今世で毎日を一日一日と過ごしていく時に、自分に生まれつき備わった喜びと苦しみとが人それぞれにあるんですね。そして、その中の苦しみという部分を経験してこれを乗り越えていこうという時に、前向きに積極的に努力して受けとめていくことで功(いさおし)を積むことができるのです。功侯(こうこう)を積む、ということですが、この功が備わってくると、霊界へ帰った時にランクが上がるのです。自分の御魂を向上させ、功を積んで、人々のためになるよう徳を積んでいく。その過程で苦しみを経験し自然と劫が抹消されることになっていく。このように徳積みの過程での苦しみもまた信仰の糧として生きていけば、功が積まれて劫も消えて、結果として生まれてきた時よりも、いっそう高いランクに帰っていくことができるのです。

死んで霊界に帰れば、自分と同じランクのばかりが集まっているところに行きますから、死んだ後に的ランクを上げていくのはとても難しいことなのです。周囲に悟りの糧となるがなかなかいないからです。周りは自分と似たようなばかり、ということなのです。だから自分が行ったそのランクでずっと、とどまってしまうことになるのです。

しかし同時に、同じような考えの霊ばかりがいるということはみんな同じように考えるわけですから、それはそれで気が合っていて楽しいそうです。修羅道の霊同士は修羅道でお互いに殴り合って、天国界の霊は天国界でお互いに相手をもてなしあって、それぞれに波長が合っている楽しい毎日を送るのだそうです。

ところがこの三次元の世界に生まれてくるということは、この世の中は玉石混交(ぎょくせきこんこう=良いものと悪いもの、また、すぐれたものとつまらないものとが混ざり合っている)なので、御魂のランクの高い人もいれば考え方の歪んだ人もいて、善人もいれば悪人もいます。そういう苦しみと葛藤の中で、ある時は自分の勉強に打ち込み、またある時は人様の喜び事につながるよう努力していくことで御魂を磨き功(いさおし)を立てていく。こういう生き方をすると、来世は今世生まれてきた時よりも、より高いランクで生まれてくることができるようになる。これが今世で過ごすことで得られるものなのです。いわば今世で生きるものの特権というところでしょうか。今世この地上に生きて、自分を向上させて死んでいくということがどんな人にも当てはまる、生きることの意味、なんですね。

(続く)

運命についての詳しい考え方を知りたい方は、究極の運命論を読んでみて下さい。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 天命 霊界

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。