ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

深見東州先生が神々や仏たちと一体となって、相手の方の観念や思い込み、考え方の癖を外して、悟りを促すことで、その方が成長し、進歩することを可能にするという「問答」のご紹介です。

前回からの続きです。

ある時、深見東州先生が、龍神たちを呼んで、その龍神たちが相手の方に意見したり忠告するという問答が行われたことがありました。

一人目の三〇歳の男性への結論でしたが…

深見先生…「そろそろ結論を申し上げましょうか。あなたに申し上げる結論とは、『恋愛なんぞに価値を置かず義に生きよ。恋愛なんか一生続くわけがない。義に生きるという、義があって初めて物事が続いていくのだから、相手は女、女の気持ちはころころ変わる、自分の好みもころころ変わる。義に生きてこそ男はこの地上に生きたという値打ちがあるのじゃ。義に生きている道すがら、出たり消えたり、会ったり通り過ぎたり、それが恋愛というものじゃ。うたかたのような人間の感情と慕情に永遠の価値はない。そんなことを考えているから女性のほうが飛び込んでこない、くらいついてこない。義に生きてこそ、素晴らしいなあと男らしさにほれるのじゃ。恋愛なんぞに価値を置かず義に生きよ。』ということです。」

『義に生きよ』『義があって初めて物事が続いていく』とおっしゃっていますが、義とは、ここでは「人として当然行うべき物事の道理・他人に対して守るべき正しい道」だとすると、「義に生きる」というのは、『自分一人の感情や好き嫌いを乗り越えて、人としてあるべき正しい道を目標として生きること』くらいの意味ではないかと思います。

平たく言うと、「もう疲れたから止めたい」、「あの人は自分が好きな人ではないから話したくない」、「自分が嫌いな仕事はしたくない」、「今日は気持ちが乗らないからお稽古に行くのはやめよう」といった様子の正反対のことです。つまり、「疲れているがけじめのつくところまでは仕上げておこう」「自分が嫌いでもあの人を立ててお話ししておこう」「嫌いでも必要な仕事だからやっておこう」「気持ちが乗らないけど、乗らないままお稽古することにしよう」ということになります。

自分の私的感情や私欲に振りまわされないで、誰が見ても誰が聞いても義務感と責任感があり、同時に実行も伴っているな、と思えるような生き方のことが「義に生きる」ということでしょうか。

自分の感情にまにまに生きて、物事が継続しないところが男性として情けない、と言われているのです。

『義に生きてこそ男はこの地上に生きたという値打ちがある』

社会的理想を踏まえた生き方、そういう価値観に沿って一貫した行動を取って初めて男性として値打ちがあるぞ、という意味ですね。

うたかたのような人間の感情と慕情に永遠の価値はない』

うたかた、とは「水のあわ」のことで、ここでは「はかなく消えやすい」もの、として人の感情や慕情=恋心のことを言っています。人の感情や恋心ははかなく消えやすいから、当てにならない、という意味ですね。自分の気持ちや恋心など当てにならないものだ、という意味です。

誰でもついつい間違ってしまうのは、「自分の気持ちに正直に生きることが正しい」と思ってしまうのですね。自分の気持ちなど、いくらでもころころ変わるものだから、そんなものに正直に生きたら浅はかで一貫性や知性が全く無い、気儘な無軌道人生になってしまいます。

男性ならば、浮き沈みする自分の気持ちに左右されることなく、義に生きていく、すなわち、大義を掲げて、立派な、ひとかどの人物となるべく頑張っていくぞ!という生き様を貫くところに価値がある。そしてそういう男性に女性が惚れるのですよ、という説明なんですね。

次の記事を読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 恋愛 うたかた 気持ち

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。