ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊勢に行ってきましたー!神事会場に行くのは今年09年の1月以来、4ヶ月ぶりです。

バスに乗って、皆さんと一緒に行ってきたの。伊勢の現地会場まで連れて行ってくれるバスがあって、特別に運行してくれたんです。だから一人でも行けちゃうんです。ちゃんと休憩所にも寄ってくれるし、最初から最後までとっても親切。周りの人達も心得ている人達ばかりでとっても静かなんですよ。

5月9日(土)の午後、神事会場に着いて、会場のオープンと同時に入場して着席したんですけど、最初はなんだか男性の会員さんのよくわからない視線にちょっととまどいつつ、席替え…うろうろしている内に、前のほうに行くと、「ここが空いてるよ!」なんて初対面の会員さんから誘導され、無事?着席することができました。みんな仲間って思える不思議な感覚。嬉しいですよね。知らない人ばかりなのに皆お互いに気を遣い、親切な方がほとんどなんです。

そして、ふと周囲を見回すと、知り合いの会員さんがちゃんとそばに座っているではありませんか。嬉しいなぁ~

守護霊様ーありがとうー\(^_^)/

客席の中はもうほぼ満席で、テントの外はけっこう涼しいのに、テント内は熱気で暑いくらいだったわ。

最初はやっぱりまずお祈り!

どんどん祈っちゃって…お祈り楽しい!気持ちいい!といいながら、日曜の夜には集合して、帰らないといけないから、どうしよう!命乞いを書いてボールペンを一本空けたい!とまず発願。

「文字は大きく、筆圧強く濃く書くと、30枚~40枚くらいでだいたいボールペンが1本無くなるよ」との情報を仕入れて。

よっしゃー頑張るぞー

と書き始めました。

途中で、会場をよく見ると、お友達の子供ちゃん達もいるじゃない、でも今は声をかけないでね、一生懸命、命乞いに集中しないと、帰る時間までに一本書き終えることができなくなるかも…書き終わったら、遊ぼうね。さあさあどんどん書きましょう。「いのちごい、いのちごい…」

念のために上着を持っていってたの。夜は少し寒かったからちょうどよかった。お昼間には、テントの前幕?を持ち上げて、開放してくれたから、暑苦しさが少し楽になって助かった~。ご奉仕さんはいつも気を遣ってくれます。

新緑の季節に、あの山の中の会場で、久しぶりに過ごして気持ち良かったなー。

夜は夜で、満月が本当にきれいで感動したし。

でも先生がおっしゃってた、「ほ~ほけきょ~、けっ」と鳴く鳥には会えませんでした~残念!

ところでボールペン、なかなかインクが無くならないよ…どうなっているのかな…もう29枚も書いたのに…子供ちゃん達とお話ししたいけど、まだだめ…あと何枚で無くなるのかしら。

と思いつつ、必死で書いていると…〆(°°)カキカキ.. あれ、インクが出ない…

やった!\(^_\) 書き終わった (/_^)/ 

新青山塾受付のところへ走っていって、教えてもらうと、「名前のシールを貼り付けてから、ぶすっと刺して下さい」と言われたので、名前シールを作ってもらって、シールを貼って、ぶすっ!

刺してきましたー!気持ちいい!最高だわ~

まだの方、是非体験してみて下さいね。

それから子供ちゃん達と遊んで、集合時間が来たからしょうがない、さようなら…

ということで、お祈りして、命乞いを書いて、知り合いの子供ちゃん達と遊んで、帰ってきたのでした。

でもやっぱり、お祈りして感じた会場の「神気」、そして目の当たりにした参加者の皆さんの「熱気」、それから決戦用ボードに刺して感じた「神気」…今回も自分なりにだったけど、やっぱり神様に向かっていろいろ体験できて本当に良かった、嬉しかった。そうしみじみと思える、伊勢神事会場参加の2日間でした。

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

tag : いのちごい 命乞い 伊勢 神事 深見東州 青山塾

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。