ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドメイトとは、深見東州先生をリーダーとするグループです。また、深見東州先生は半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

 善行を為し、を積みたいと行動に移す時に注意しなければならない点が、三点あります。それは「独善」「偽善」「小善」です。
 
 独善とは、自分ひとりが善だと思うこと、つまり独りよがりです。世の中の客観的な尺度や価値観を知らないからこうなるのです。
 
 偽善とは、形の上だけ善で、心の中が善ではないということ。
 
 目に見えない無形のとは、まず無形の心、動機=発するところを善にしなければ、本当の善とはならないんですね。それを確かなものにしないで、形の上ばかり善、目に見える結果だけが善なのが「偽善」になるんですね。本当の善には、無形の真実である愛と誠がこもっていないとおかしいのです。
 
 偽善の例としては次のようなケースがあげられます。天理教の信仰をしていたお婆さんが、生前、体施・物施に励んでいました。ところが死んでみたら真っ暗な暗闇地獄に落ちてしまった。そのお婆さんが憑霊した子孫は、「ちゃんと起きているのにまぶたが閉じてしまう」という奇病にかかって、どうしようもないので深見東州先生のところに除霊に来られたのです。
 
 深見東州先生が審神(=霊的な判断を下すこと)した結果わかったのは、「お婆さんが打算的な心、計算ずくの心で奉仕活動や寄付をしたため、神仏に対する誠になっておらず積みになっていなかった」、つまり「自分が救わるために」という想いがあったために、生きていた時にその時その場で真心を尽くすことをしないで、死後の自分のことばかりを心配したので、その計算ずくの心の世界=冷たく暗い世界に死んで落ちてしまったのだ、ということです。
 
 小善とは、自分なりに善だと思っても、より大きな目で見たら、むしろ悪になることもあるということです。口と心と行いの全部が善であっても、それだけでは充分とは言えなくて、より大きな視点から見ても善であって初めて、本当の善になるというわけなんですね。
 
 本当に人に益する行いをしたいと考えるのなら、この三点を注意することが重要なのです。
 
続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 独善 偽善 小善

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。