ワンクリック、プリーズね!


最新トラックバック


プロフィール

ノリコ

Author:ノリコ
私の尊敬する深見東州先生についてご紹介いたします。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深見東州先生は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。また、半田晴久のお名前で様々な創作活動・福祉活動をしていらっしゃいます。

無形の宝とは何でしょうか。

それは、霊的な視点から考えたときに、「と功侯(こうこう)」というもののことになります。だけでは無形の宝とは言えないのです。と功侯の両方がそろって初めて、無形の宝になるのです。

「無形のを積み、功侯を授かること」、これが無形の宝であり、すなわち「一陽」の「福」となります。そして、無形の宝を積み続けていくと、やがて「化する働き」によって具体的な幸福、すなわち有形の宝になるのです。

それでは目に見えないを積むとはどういうことをさすのでしょうか。

について、ひとことでいうなら、「人に益する行いをすること」となります。人に益する行いこそが善であり徳なのです。目に見える形で益するか、見えない形で益するかはともかく、人にプラスになること、人に益することをしてあげることが、徳を積むことになるというわけです(地徳といいます)。

自分の足りないところを改善し、知らないことを学んだり、自分の悪いところを直そうと努めたりすることで、自分のオーラは大きくなっていくのですが、これは「人徳(じんとく)」といいます。

何ものにも動かされない信仰心によって神力を動かし、不可能を可能にしていく努力を天徳といったりします。

話を戻しますが、人に益する行いとは何か、という問題になるのですが、それは「人によかれ、という想いをもって口と心と行いで表現したこと」が「人に喜んでいただいていい結果となる場合」のことを言うのです。

言い換えれば、「善なる想念を内に抱いて行動した結果が、人様の幸せと喜びに結び付くこと」、ということでしょうか。これが徳となるのです。

しかし、この善行を為して徳を積もうとする時にも、注意すべき点が3点あります。

続きを読む→ここをクリック

↓ブログランキングの応援クリック↓
 よろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 善行

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。